ネリー、カメラマンとの訴訟で和解

ツイート
ネリーのコンサートにてボディーガードに暴力をふるわれたとして、フリーカメラマンがネリーに対して起こしていた訴訟で、両者の和解が成立したと、AP通信が報じている。

事件は'05年4月12日にコネチカット州ブリッジポートにて行なわれたネリーのコンサートで起きたもので、カメラマン、ジェリー・リヴィングストン氏が写真撮影をしていたところ、彼がビデオ撮影を行なっているとボディーガードが勘違いし、ステージ脇に引きずり出されて、殴られたと主張。膝、首、背中などに怪我を負ったという。

ジェリー・リヴィングストン氏の弁護士によると、ネリー側は和解金2万ドル(約230万円)を支払うことで合意し、さらにネリーと契約を結んでいた警備会社が3,000ドル(約35万円)を支払うことを明らかにした。また、この事件に関連して、ジェリー・リヴィングストン氏がコンサート会場の運営会社や市などを訴えた件が、現在も未解決の状態であるという。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報