10周年を迎えるJanne Da Arc 「HEAVEN/メビウス」INTERVIEW編

ツイート



――インディーズBOXや記念ライヴなど、今年に入って10周年の活動が続いていますが、実際この10年を振り返ると、どんな年月でしたか?

yasu(Vo):あんまりピンとこないっていうのが正直なところなんですよ。あぁ、もう10年なんやっていう。長いといえば長いですけどね。10年くらい前ってそんなに曲もいっぱい作ってなかったんですよね。デビューしてからの方がいっぱい作ってる気がする。あと、10年前は今の状況がまったく想像できなかったですね。初めてのツアーはワクワクしたなぁというのを思い出します。

――10年の中で、思い出して一番うれしかったこととかあります?

kiyo(Key):『HEY! HEY! HEY!』に出て、ダウンタウンさんに会えたのはすごくうれしかったなぁ(笑)。


you(G):大阪の厚生年金会館の前でよくビラ配りをしていたんですけど、そこでまさか自分達ができるとは思ってなかったんで、そこで初めてライヴをしたときはうれしかったですね。


shuji
(Dr):インディーズの頃からの機材車が新車になって、普通にエンジンがかかるようになったのがうれしかったですね(笑)。ずっと押し掛けやったので。


ka-yu(B):阪神が優勝した年にやったライヴハウス・ツアーがすごく楽しかったんですよ。スタッフとの打ち上げがとくに。


――それぞれ思い出がありますね。ひとつのことを10年も続けるのって、実は大変だったりすると思うんですけど、その中でターニング・ポイントってありましたか?

yasu:デビューもターニング・ポイントといえばターニング・ポイントではあったと思いますけど、初めてCD作ったときが一番のターニング・ポイントですかね。


――そんな10年を経て、また1枚CDが増えるわけですけど。「HEAVEN/メビウス」はダブルAサイドなんですね。まずは「HEAVEN」について訊かせてください。

yasu:とくに意識したわけではないんですけど、ちょっと夏っぽい仕上がりの1曲になってますよね。曲がアップテンポで、ポップなので、サウンドで男っぽさを出したいなっていうのがあったんですよ。アレンジに関してはストレートな楽曲なので、みんなにかき鳴らしてくれ、と。

kiyo:キーボードの場合は、こういうメジャー・キーの曲は下手すると歌謡曲チックになってしまうので、そこはすごく気をつけました。僕らはバンドなので“かわいく”ならないようにっていうのが最重要課題でした。


特集後半へ→
←特集TOPに戻る

この記事をツイート

この記事の関連情報