世界の子供たちへサッカーボールを届けよう! 豪華アーチストがチャリティーCDに参加

ツイート
サッカーは、ボール1つで手軽にできるスポーツだ。しかし、サッカーボールが買えず、ペットボトルを潰してボール代わりにしたり、布をまるめてボール状にしてサッカーをしている子どもたちが世界には大勢いる。どんな境遇だろうと、サッカーを楽しむ気持ちに変わりはない。そんな未来のプレイヤーを夢見る世界の子どもたちへ、サッカーボールを届けることはできないか。そんな思いから、世界の子どもたちとサッカーを通じて国際交流活動を行なっているピースボールとビクターエンタテインメントが共同で、アフリカ東北部の小さな国・エリトリアの子どもたちをはじめ、世界中の子どもたちへサッカーボールをプレゼントするキャンペーンを発足した。

5月31日にリリースされるチャリティーCD「友情のエール」には、このキャンペーンに賛同した石井竜也や忌野清志郎をはじめ、総勢34組53名のジャンルを越えたミュージシャン、俳優、タレントが参加。同作は、リレー形式で歌がつながっていき、最後には大合唱になるという感動的な楽曲となっている。作詞・作曲は、自他ともに認めるサッカーファンであるミュージシャンの浜崎貴司が担当。ジャケットには、日本を代表するアーティストの日比野克彦が書き下ろしたイラストを使用している。過去に、アフリカの貧困層を解消する目的で作られた名曲「WE ARE THE WORLD」を彷彿させるような作品となっているので、ぜひ聴いて欲しい。

同作品の商品価格\600のうちの\100は、アフリカ・エリトリア国をはじめとする世界の国々へ贈るためのサッカーボール購入資金及び搬送に関わる資金として使用される。サッカーファンである・なしに関わらず、スーパースターになるかもしれない世界の子供たちへ、ちょっとした期待と気持ちを込めてCDを購入しよう。

◆リリース情報
シングル「友情のエール」
VICL-36061 \600(税込み)
2006年5月31日発売

【参加アーティスト(50音順)】
石井竜也、忌野清志郎、ウルトラス、MCU、MOMO-MC、大黒摩季、辛島美登里、CAREZZA、伊藤俊吾(キンモクセイ)、小泉今日子、松本素生(GOING UNDER GROUND)、中澤寛規(GOING UNDER GROUND)、斉藤和義、坂井真紀、崎山龍男(SPITZ)、佐藤タイジ(THEATRE BROOK)、佐野史郎、椎名純平、白石美帆、Diggy-MO'(SOUL'd OUT)、竹中直人、谷原章介、トータス松本(ウルフルズ)、NAOTO、浜崎貴司、一十三十一、BOSE (スチャダラパー)、本間昭光、前田啓介(レミオロメン)、南佳孝、MOOMIN、MEGUMI、YO-KING、吉岡美穂

YELL FROM NIPPON オフィシャルサイト
http://yell-from-nippon.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報