Bow Wow、日本を舞台にした映画に主演

ツイート
アメリカ・ヒップホップ界きってのセレブリティといえば、まずBow wowの名前が挙げられるのではないだろうか? 5才の時にラップを始めて、6才の時にスヌープ・ドッグの「Chronic Tour」のステージに出演。そのステージを観ていたスヌープにスカウトされ、現在の現在のLil Bow Wowというネーミングを命名された。その丹精な顔立ちのせいもあり、アメリカではティーンの女性たちから絶大な支持を得ており、すでに映画出演も経験している。

そんな彼が出演する映画『ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT』の、待望の日本公開が決定したぞ! この映画は前作にリュダクリスが出演したことでも知られるカー・アクション・ムービー。本作は舞台の90%が日本ということもあり、日本でも大きな話題になりそうだ。

Bow wowが演じるのは、トゥインクルという役柄。本人もインタヴューで「トゥウィンクルはハスラーみたいな奴さ」と答えている(https://www.barks.jp/news/?id=1000015291)。敵役には、こちらもヒップホップ界とはなじみ深い千葉真一が出演。公開時には大きな話題を呼びそうだ。

Bow wowは、先日オマリオンとの全米スタジアム・ツアー<スクリーム・ツアーIV>の模様を収録したDVDをリリースしたばかり。今後の活動にも注目していきたい。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス