レッチリのPVにニルヴァーナのファンが激怒!?

twitterツイート
新作『Stadium Arcadium』が世界のチャートを制覇したレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。1stシングル「Dani California」のPVがニルヴァーナのファンの間で物議を醸している。騒がれているのはアンソニー・キーディス(Vo)が故カート・コバーンに扮し、歌っている場面。手前ではろうそくの炎が揺れ、最後にその火が消える。

RateTheMusicが伝えたところによると、ニルヴァーナのファンはこれにカートへの冒涜と反応している。ビデオの監督は騒動に関し、クリップに侮辱の意図はなく、デイヴ・グロウル(Dr)の許可を得ていると説明した。「フリー(B)がこの件にとても神経を使った……彼はデイヴ・グロウルに許可をもらっている。デイヴは“いいよ。ニルヴァーナは楽しいことが好きなバンドなんだ”って言ってくれた」。

クリップにはまた、エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、キュアー、ミスフィッツ他のアーティストを模した場面も登場する。

フリーが“キャリア最高作”と誇る『Stadium Arcadium』は先日、全米チャートで初のNo.1を獲得した。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは5月~7月にかけて主にヨーロッパを廻る予定。7月28日~30日には苗場で開催される毎年恒例の大イベント<フジロック>に出演する。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報