噂の新人PERIDOTS、デビューに先駆けてPV公開

ツイート
インディーズでのリリースも行なわずに、初のワンマン・ライヴを見事にSOLD OUTにした高橋孝樹によるワンマン・ユニット、PERIDOTS(ペリドッツ)。なんと彼は、ライヴ・イベントにたった数回の出演をしただけで、初ワンマンのSOLD OUTを成し得てしまったのだ。それを聞くだけでも、彼の実力の程を十分に感じとってもらえるだろう。そんな中、5月31日にリリースを控えた待望のデビュー・ミニ・アルバム『PERIDOTS』収録曲から、「労働」の先行デジタル配信をスタートした。

この「労働」はライヴでも特に人気の高い曲で、レコーディングではヒットメーカーとして知られる笹路正徳がプロデューサーを務めている。また、今回のアルバムの収録曲5曲のうち4曲のミックスを担当したのは、ジェイムス・ブラント、ベック、エリオット・スミスなどを手がけることで知られるトム・ロスロックで、もちろん「労働」も彼によるミックスだ。

そして、PERIDOTS初の映像作品である「労働」のPVも完成し、バークスでも本日より視聴を開始! このPVは、CGなど使用せずにとても原始的な手法で撮影され、このPVのモチーフである椅子が砂に埋まっていくシーンは、こだわり抜いて何度となく撮り直しを行なったのだという。初の映像作品だけに必見だ!

また、6月から7月にかけて東名阪ツアーが決定した。口コミの発信源でもある“ウワサのライヴ”を観るチャンス! ツアー日程は以下のとおり。

<PERIDOTS 東名阪ツアー>

6月10日(土)東京・渋谷CLUB QUATTRO
7月6日(木)愛知・名古屋アポロシアター
7月7日(金)大阪・梅田Shangri-La

(問)VINTAGE ROCK 03-5486-1099

「労働」のPVはこちらから!
https://www.barks.jp/watch/?id=1000014189
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス