この夏にラスベガスで公演される、シルク・ド・ソレイユのショウ『LOVE』。ビートルズの楽曲を大々的に使用したショウとして注目が注がれていたこのショウの記者会見が、5月24日にラスベガスで行なわれ、ついにそのベールを脱いだ。

シルク・ド・ソレイユは、『アレグリア』や『キダム』などで日本でもでお馴染みのエンターテイメント集団だが、本作ではアップル社と提携を結び準備が進められてきた。

この日公開されたのは10分~15分ほどのごく一部ではあったが、オノ・ヨーコが提供したジョンのホーム・レコーディングのテープからの「ストロベリー・フィールズ・フォエヴァー」の未公開音源をミックスしたものなど、ビートルズの様々な楽曲が新しい曲となって登場した。シルク・ド・ソレイユのメンバーが扮するのは、サージェント・ペパーやレディ・マドンナなどおなじみの楽曲の登場人物たち。『LOVE』はビートルズの楽曲の中にトリップする、サイケデリック・ジャーニーだという。特設シアターには200以上のシステム・スピーカーに加えて、客席にまでスピーカーが埋め込まれており、5.1CHのサラウンドで臨場感あふれるビートルズを体感できる空間となっている。音楽監督を務めるジョージ・マーティン曰く「ビートルズのレコーディングに参加している」というコンセプトが実現されている。また、マーティン卿はこの生まれ変わった新しいビートルズの楽曲たちのアルバムも構想中とのこと。

『LOVE』はラスベガスのザ・ミラージュ劇場のみの独占上映の予定。6月2日~29日までがプレビューとなっており、通常69ドル~150ドル(座席別価格設定)のチケットが、この期間は特別に25ドルで観ることができる。正式なショウのスタートは6月30日となっており、30日のオープニングには、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターも訪れる予定だ。

現在ザ・ビートルズ・クラブでは感動のビートルズ新体験『LOVE』鑑賞ツアーを企画中。詳細は、下記ザ・ビートルズ・クラブ問い合わせ先へ。

■ザ・ビートルズ・クラブ
電話(03)5453-1552(平日10時~18時)
Eメール question@thebeatles.com

■ビートルズ オフィシャル・サイト
http://st-co.jp/beatles/ (PC・携帯)