ディクシー・チックス1位、A&Aが登場!

ツイート
ビルボードによると、ディクシー・チックスの新作『Taking the Long Way』が今週の200アルバムズ・チャートで初登場1位を獲得した。Nielsen SoundScanの発表によると、リリース1週目のセールスは52万6,000枚。近年のCDセールスとしては比較的大きな数字だが、彼女らは過去に1週目で80万枚近くを売った記録を持つ。3年前にナタリー・メインズのブッシュ批判が米国で騒動になったが、彼女は今回の作品について「成熟し、知性が加わった」といった内容を話し、「前に進むことができた」とコメントしている。

上位の注目アルバムとして、米国の超人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』のファイナリストたちによるコンピレーション『American Idol Season 5: Encores』が3位にランクイン。また、ブリンク182のトム・デロングが結成した新バンド、エンジェルズ&エアウェーヴズのデビュー作『We Don't Need to Whisper』が4位に初登場した。

他にドン・オマールの『King of Kings』が7位。ゼブラヘッド、キルスウィッチ・エンゲイジ、P.O.D.らが参加するプロレスのコンピ『WWE: Wreckless Intent』が8位となっている。

トップ10内にはまた、カントリーアーティストのほか、連続No.1記録は途絶えてしまったものの夏フェス<フジロック>に出演予定のレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(『Stadium Arcadium』)と、毎年恒例の<サマソニ>に予定のトゥール(『Tool』)が今週も在位している。

20位以内では、デフ・レパードのカヴァー集『Yeah!』が16位にランクインしている。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報