先日に訃報が伝えられたグレイトフル・デッドのキーボード奏者、ヴィンス・ウェルニックだが、San Francisco Chronicle紙が明らかな「自殺」だったと伝えている。

ウェルニックはまた、メンバーの死によるトラウマや音楽活動の停滞のほか、薬物や鬱状態に悩まされていたとも報じられた。彼は2日、地元の病院に運ばれたが、死亡が確認された。

オフィシャルサイトには彼が死去したことを知らせるメッセージと共に、メンバーが「彼のバンドへの献身と愛は心からのもので、無くてはならないものだった。愛すべき魂と音楽の喜びを分かち合えて幸運だった」と話し、残された家族に哀悼の意を表した。

T.Kimura