アル・ヤンコビックがジェームス・ブラントを餌食に

ツイート
グラミー獲得の経験もあるパロディの王、アル・ヤンコビックが、世界で大ヒット中の英シンガー、ジェイムス・ブラントを喰った。ヤンコビックはブラントのヒットソング「You're Beautiful」のパロディ「You're pitiful」を制作、“美しい”の代わりに“君は哀れだ”と歌っている。

ワールド・エンターテイメント・ニュース・ネットワークなどによれば、ブラントはこれに、自分の歌は“嫌気がさす”ほど耳にしており、ヤンコビックのパロディを好意的に受け止めているという。「You're Beautiful」は世界25ヶ国でチャート1位に輝いた。ヤンコビックは過去に、マイケル・ジャクソン(「Eat It」)、マドンナ(「Like A Surgeon」)、ニルヴァーナ(「Smells Like Nirvana」)といったビッグアーティストのパロディを作っている。

英ラジオでは先日、リスナーからの“聞き飽きた”との声で「You're Beautiful」が禁止された(https://www.barks.jp/news/?id=1000023507)。T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報