SweetS、ラスト・シングル「Color of tears」特集 INTERVIEW編

twitterツイート



──今回のラスト・シングル「Color of tears」をもって、SweetSは卒業だけど、最初にこの5人でやっていくって決まったときはどんな気持ちだった?

AYA:デビューできること自体がうれしくてメンバーについては、あんまり考えてなかったかな。

AKI:初めはびっくりして、気持ち的には実感なかった。だから、不安が多かったかな。グループになると思ってなかったし。

──エイベックス・オーディションでこのメンバーのことは?

AKI:オーディションの時は結構HARUNAをライバル視してた(笑)。

HARUNA:わたしはAKIとMAIを意識してた(笑)。

──それでついに、デビューが決まり2003年のa-nationで初ライヴだね。

AYA:デビュー前でしたね。なのに、全国廻ったもんなぁ。

MIORI:最後のお台場はメインステージに出させてもらったので、ものすごく緊張しました。

HARUNA:でも楽しかった。地方のご飯を食べたりして、すごい楽しかった。

──活動を振り返ってみて、たとえばシングルの中で思い出のあるものはある?

AKI:「LolitA☆(Strawberry in summer)」はデビューイベントをよく覚えていて、いよいよなんだと思うと、直前で泣いてしまって。

──「Love like candy floss 」はファンのみんなにも人気の曲だよね。

AYA:この曲は歌詞が、同年代の子の恋をテーマにしていて、友達とかも好きって言ってくれる子が多いですね。

AKI:PVを初めてロケで撮った! 長野だったんだけど、朝早かったです。HARUNAが年上の男の人に憧れるっていう、ちょっとドラマっぽく撮ったんですよ。この曲で『ポップジャム』(NHKの音楽番組)にも出て、4週勝ち抜きしたんやな。

MAI:毎週、毎週抜かれるんじゃないかって、ドキドキしながら見てた(笑)。

HARUNA:番組の最後に最高得点のアーティストの曲が流れるじゃないですか。1位の間、SweetSの曲が流れてたんですけど、あそこでわたしが失敗した映像が4週も流れてたんです。舞い上がって、力入れすぎて声が裏返っちゃって(笑)。

──次にミニ・アルバム『SWEETS』が発売されて。この頃から頻繁にイベントをやっていましたね。

HARUNA:マンスリー・ライヴとかやってました。懐かしいねー。あとは、ミニ・アルバムを出した後、タワーレコードでライヴをやったことが印象に残ってます。無料イベントじゃないライヴをやったのも初めてだし、SweetSだけでやったのも初めてだったし。

──そして、ミニ・アルバム後、最初のシングルが「Grow into shinin' stars」。PV密着したのもここからだよね。

AYA:これはホントに、AYAジャイアンツが好きだったから、めっちゃうれしかったですね(笑)。

HARUNA:BARKSさんの私物プレゼントあったでしょ。わたしホントにビニール袋でいったんだよね、あの日(笑)。私物も本当に使ってたものだし。

MAI:あの曲のPV、MAIだけすごくダンス間違ってるんです(笑)。初めて一人で踊ったから、とっても緊張しました。

──そして、次の8月に1周年記念イベントがあって。

HARUNA:アンコールで「Grow into shinin'stars」やろうとおもったら、シャラララジャーンって違う音が鳴って、舞台監督さんが間違ったかと思って。え、え、とかなって。それで、“AKIへ”ってなって。

AYA:お母さんからの手紙や。AKI以外の子が一番泣いとったよな。

AKI:そう、一番笑顔で。お母さんに、“何であんたが一番泣いてないんよ”って、言われた。

HARUNA:(MAIと)うちら帰りの飛行機で見たよね。飛行機でずっと泣いてました。

⇒インタヴュー後半へ進む
←特集TOPに戻る

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報