新宿ロフト 祝・30周年特集:アーティスト・メッセージ

ツイート

音速ライン
30周年おめでとうございます!はじめてやったバーホールのステージは一生忘れません。ホント大切な思い出です。これからも末永くよろしく!
(藤井敬之/Vo & G)

30周年おめでとうございます。いろんな歴史の詰まったロフトですが、これからもいろんな歴史を刻んでいって下さい。
(大久保剛/B)


【音速ライン 最新情報】
2ndアルバム『100景』を7月26日にリリース。9月10日の仙台マカナを皮切りに、ワンマン・ツアー<TOURカッパッパ 2006>を敢行。8月16日には、ZEPPSENDAIにて開催される<ロックロックこんにちは!>に出演決定!

■オフィシャル・サイト http://www.onso9line.com/

■久保裕行(THE イナズマ戦隊/Dr)
バンドを始めた頃、大好きなミュージシャンがロフトのステージに出演していました。いつか自分もと思い日々精進していました。ロック小僧の憧れの聖地として、キースのシワの様に年輪を刻み続けて下さい!!

【THE イナズマ戦隊 最新情報】
“青春してる大人はカッコイイぜ!”と熱く高らかに歌い上げるシングル「嗚呼!!されど青春ごっこ」を8月9日にリリース! そして<HIGHERGROUND 2006>や<Sky Jamboree'06>など、各地の夏フェスに出演する。

■オフィシャル・サイト http://inazumasentai.com/

■佐藤タイジ(THEATRE BROOK/Vo & G)
新宿LOFTはオレにとって特別な場所である。
うちの玄関には’88.1.6の新宿LOFTのチケットが飾ってある。
シアターブルックが初めてLOFTに出演した日のチケットを記念に自分で一枚買っておいたのだ。あまりそういうコト(記念に何かとっておくとか)はしないのだが、このチケットは特別だ。
“東京でロックバンドをやるんだ!!”とイキごんで徳島から上京してきた少年は新宿LOFTに出演するのが夢だった。少年にとって世界で一番リアルなロックの現場だった。テレビでは放映しないリアルな場所だった。
‘88.1.6以来、少年は夢の中で生きている。悪夢もあった。いい夢もあった。ただ全部ロックな夢だった。この夢の中で生きる為に少年は明日も闘うだろう。これは自分自身でいる為の闘いなのだ。新宿LOFTが30年間、新宿LOFTであり続けたコトを誇らしく思う。


【THEATRE BROOK 最新情報】
8月5日(日)に新島で開催される<WAX2006>に、佐藤タイジ+沼澤尚(THEATREBROOK/Dr)で出演。
今秋に、女性アーティストとのコラボレーション作品をリリース予定。

■オフィシャル・サイト http://www.theatrebrook.com/


■仲野 茂(アナーキー/Vo)
1978年、アナーキーを結成した時から、ライヴハウス“新宿ロフト”でライヴをやること!
それがアナーキーの決めたことであった。
“新宿ロフト”にはROCKのすべてがあり、パンクが蔓延していた。
ライヴの後の打ち上げは、そりゃもう! お・お・お・大騒ぎの酒池肉林?
そして“新宿ロフト”には、行けば必ず、誰かがいた。
そして“新宿ロフト”には、行けば必ず、何かが起きた。
そして“新宿ロフト”で、アナーキーのギター、マリ(逸見泰成)が事件を起こした。
そして今! “新宿ロフト”は歌舞伎町にある。
そして今も! “新宿ロフト”はライヴハウス“新宿ロフト”だ!

【アナーキー 最新情報】
デビュー26周年記念BOXセット『内祝』が発売中。
現在、アナーキーは活動休止中であるが、メンバーはそれぞれにライヴを行なっており、仲野茂は8月
20日(日)高円寺2000Vにて“ゲタカルビ”としてライヴを行なう。

■オフィシャル・サイト http://www.anarchy.co.jp/

■宮田ジェット(ジェット機/Vo、ex. JUN SKY WALKER(S)
中学時代からボクの憧れのステージだった。それが新宿LOFTでした。ジュン・スカイ・ウォーカーズで初めてロフトのステージに上がれた時に大感激したのを今でも覚えています。これからも末永く素晴らしいロックバンドを世に送り出していって下さいませ!

【ジェット機 最新情報】
6月28日に3rdシングル「FULLSWINGをリリースし、29日(木)にLIQUIDROOM Ebisuにてレコ発ワンマンを行なう。そして7月3日(月)の名古屋ハックフィンを皮切りに、全国ツアー<TOURFULLSWING>を行なう。


■オフィシャル・サイト http://jetki.com



■森山達也(THE MODS/Vo)
まだデビュー前だったと思うけど、ロフトでワンマンをやった。それが東京での最初のワンマン・ライブだったね。もちろんソールド・アウトで小さなマーキー・クラブみたいだと思ったよ。
まちがいなく、R&Rの創世記に加担した重要な小屋だった。そこを踏まないヤツはロックじゃなかった。今後どんな時代が来ても変わらずロフトでいて欲しい。俺達モッズもロフトの歴史の一つのバンドであることをうれしく思う。


【THE MODS 最新情報】
1stアルバム『FIGHT OR FLIGHT』を、不動のメンバーにより25年ぶりに新録した『FIGHTOR FLIGHT-WASING』を6月21日にリリース。また、初DVD化となる初期映像作品や、旧譜のリマスター盤、ボックス・セットなど、デビュー25周年を記念したアイテムを続々リリース! 詳しくは、下記オフィシャル・サイトへ。
<THE MODS COMPLETE TOUR 05-06 FINAL 25thANNIVERSARY GIGS “NOW HOWL NOW”>
6月16日(金)福岡市民会館
6月24日(土)日比谷野外大音楽堂


■オフィシャル・サイト http://www.themods.jp

■吉村洋平(UNDER THE COUNTER/G & Cho)
ロフトは俺の中学時代からの憧れのライヴハウスでした。
そんな憧れの場所、ロフトで先日ワンマン・ライヴを行なえたことは一生忘れないはず。
30周年ということですが、その長い歴史に俺たちも名前を刻めるように頑張ります。
ロフトはこれからも俺の憧れのライヴハウス。


【UNDER THE COUNTER 最新情報】
7月26日にアルバム『ATHLETICIN THE FOG』をリリース。現在、全国ツアー<BEATEAT NEAT TOUR>を敢行中で、7月24日(月)の大阪・福島2nd-LINEまで続く。

■オフィシャル・サイト http://www.utcweb.jp


<<新宿ロフト 30周年特集 トップ・ページに戻る


この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス