<第一回石垣島うたの日コンサート>大成功!

ツイート
6月24日、<第一回石垣島うたの日コンサート>が石垣市真栄里公園にて行なわれた。島民約4万7千人の島で、約5千人を動員したこのイベント。出演アーティストは、沖縄本島出身で7月23日にデビューする永山尚太、普天間かおりをはじめ、石垣第二中学校吹奏楽部など、ロックあり、マーチング、ポップス、エイサーありとヴァラエティー溢れるプログラム。トリはメンバー全員が石垣島出身の彩風(あやかじ)がつとめ、会場は盛り上がりを見せた。最後にセッション曲としてBEGINの「島人ぬ宝」を会場全員で大合唱。梅雨明けの好天に恵まれたこともあり、様々な世代の人たちが思い思いに音楽を楽しんでいた。

そもそも<うたの日コンサート>というのは、石垣島出身のBEGINが6月23日の「慰霊の日」を、「戦争中に禁止されていた“歌”が解放された日である」として「うたに感謝し、祝おう」として2001年から沖縄本島で開催しているイベント。今年は25日に行なわれ、そちらにはBEGINをはじめディアマンテス、風味堂などが出演した。

また、今年からは<第1回東京うたの日コンサート>も開始。24日・25日の2日に渡ってCLUB QUATTROとB.Y.G.で行なわれ、遠藤賢司、下地勇、松千等が出演した。
この記事をツイート

この記事の関連情報