1stフル・アルバム『ペルソナ』特集:インタヴュー

twitterツイート




 


――デビューから1年9ヵ月での1stフル・アルバムというのは、ご自身としてはどんな感じなんですか?

竹仲:やっぱり長かったですね。ミニ・アルバムはこれまでにも出したことがあったんですけど、そのときは最初に“こういうアルバムにしよう”っていうコンセプトがあって、そのテーマに沿って曲作りをしたんですけど。今回は、インディーズの曲も含めた今までの竹仲絵里の軌跡がギュッと詰まったアルバムで、今の時点でのマイ・ベストになりました! シングルの「ありがとう」や「サヨナラ サヨナラ」で私を知って、このアルバムを手にとってくれる人たちに、どんな曲を聴いてほしいんだろう?って思ったときに、やっぱり一人で弾き語ってきた頃からの、ライヴで欠かせなかった曲や、今までのファンの人にも愛されている曲を、これからのファンの人にも愛してほしいなと思ったし。あとは、竹仲絵里という人間の、いろんな表情やキャラクターや想いをギュッと詰め込みたかったんです。

――「雨と虹」はこれまでになかったタイプの曲で、ライヴに行って手拍子をしたくなるような曲ですよね。

竹仲:これはほんとに、みんなで楽しく歌える曲が欲しいなと思って書いた曲ですね。基本的に曲を書くときは、みんなで楽しみたいから書くっていうよりも、普段の生活の中で人には見せられない部分の自分を表現できる場所がほしいとか、表面的なものじゃない、もっと深いところで人とつながりたいとか、そういうのがきっかけで曲を書き始めているので。みんなで楽しめる曲っていうのも含め、ちょっとライヴ感を意識して曲を作るようになったのは、やっぱりメジャーに移ってバンドでライヴができるようになってからですね。

――前回のインタヴューで、自分を確立するまでは一人でやりたいっておっしゃってましたけど、今はもう一人で立っていられる自信がついたということでもあるんでしょうね。

竹仲:そうですね。バンドもそうだし、制作においても。やっぱり、ずっと一人でやってきて、自分のやりたいこととか、自分がなぜ音楽をやってるのかっていうこととちゃんと向き合って、ギターと私っていうところでも世界感をちゃんと作れたからこそ、新しいことに進める。小渕(健太郎/コブクロ)さんや(小林)建樹さんと曲を作るっていうのも新しい試みで、今の私なら、誰かと一緒にやってもブレのない自分を楽曲の中に出せると思えてきたので。。


――だからこの『ペルソナ』も、曲はヴァラエティに富んでるけど、どれもが竹仲絵里の歌になってますからね。で、12曲で59分て、最近のアルバムの中では長い方に入ると思うんですけど、そんな大作感がしないのはテンポ良く聴けるからではいかと。

竹仲:曲順とかストーリーの組み立てとか、ほんっとにいろんなパターンを考えましたね。1曲1曲が一番輝くストーリーをと。4年前に書いた曲から今年に入って書いた曲まで入ってるので、最初はちょっとバラつき感とか統一感が不安だったんですけど、ストーリーを組み立てると違和感がなくて。結局、昔から自分が音楽で何を伝えたいのかっていうことが変わってなかったので。

――組み立てたストーリーというのを具体的に言うと?

竹仲:“この曲が終わったときに次にどんな曲が聴きたいんだろ?”とか“どんなイントロがきたら気持ちいいだろ?”とか、そうやって組み立てていって、一番気持ちいいと思ったものを振り返って聴くと、1日の流れにすごく似てるなと。最初に「alice」みたいな、アップテンポで爽やかで、ちょっと気合の入った“頑張ろう!”っていう宣言的な曲で1日が始まって。それで昼下がりにランチを食べながら「ちょうどいい」みたいな曲が心地よく入って、だんだん夕方にいくにつれて「話そうよ」とか「優しい手 震えた手」っていうまったりとした曲があって、最後には「gerbera」っていう、ギュッと自分の内側に入ってくる曲がある。それは意識して組み立てたわけではないんですけど、人の持つ一番心地よいストーリーっていうのがそういうものだったのかなって、後で気付きました。

――なるほど。既発のシングルは再録音してます?

竹仲:「ありがとう」は全部、アレンジをしてくださった方もバンド・メンバーも構成も全部違いますね。

⇒INTERVIEW NEXT

 

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス