全米チャート:ロス・ロンリー・ボーイズ及ばず

ツイート
先週に続いて今週の全米チャートでも話題のコンピ『Now 22』がトップを獲得した。ビルボードによれば、上位にはロス・ロンリー・ボーイズの『Sacred』が2位に、また、ロドニー・アトキンスの『If You're Going Through Hell'』が3位に、それぞれ初登場している。

『Now That's What I Call Music! Vol.22』にはリアーナの「S.O.S.」、ショーン・ポールの「Temperature」、ビヨンセの「Check On It 」、クリス・ブラウンの「Yo (excuse Me Miss)」、ニーヨの「When You’re Mad」、ダニエル・パウターの「Bad Day」、ケリー・クラークソンの「Walk Away」、ニッケルバックの「Savin' Me」ほかのヒットが収められている。

注目作として、トップ10中盤にナールズ・バークレイの『St. Elsewhere』(4位)やラスカル・フラッツの『Me and My Gang』(6位)が在位し、根強さをみせた。また、ディクシー・チックスの『Taking the Long Way』(9位)とプッシーキャット・ドールズの『PCD』(10位)がトップ10圏外から再浮上している。

他にサード・アイ・ブラインドのベスト盤『A Collection』が103位に登場した。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス