シャーンノース、デビュー記念インタビュー

ツイート


──それではデビューシングル「final your song」の話を。古き良きフォークの匂いを感じました。デビュー作とは思えない完成度を感じます。


佐々木:デビュー寸前に書いた曲なんです。ラヴソングという形をとっているんですが、一人じゃなく仲間と一緒にやっていけるという気持ちが出た曲なのかなと思います。

 

──奥深くに意味のある歌詞だと思いますが、歌っているLumiさんはどうですか?


Lumi:いろいろな解釈ができる深いラヴソングだと思います。メンバーという仲間に対する感情でもあるし、悲しいニュースが多い今の世の中での大切な人の存在を歌ったものでもあり、自分も誰かにとって特別な一人だということを自信を持って伝えたいっていう気持ちもあります。キャラを作るんじゃなく、私そのままで歌えたような気がしますね。

 

──歌唱的にも演奏的にも、展開があって難易度が高そうですね。


Lumi:Aメロは隣の人に話しかけるように、そしてサビで解放するようなメリハリがありますね。物語にあわせて私も広がっていくというのかな。

 


ムーチョ:展開していく曲の流れに自分が入り込めるように努力しましたね。最初、ギターソロの部分には、他のメロディが乗るんだと思っていたんです。そしたらいきなり“ここギターソロね”って言われて、それで休憩時間にちょこちょこっと考えて弾いたんです。それがOKテイクで。

 

──曲作りも凝ってますね。メロディの流れ方も面白い。


佐々木:アレンジは作詞作曲とは別物と考えてますね。鍵盤とかも弾けるんで、ほとんど自分で練りこんで作っちゃいます。サウンドは今風だと思いますが、いつまでも色あせないようなものを心がけています。他の人にもいろいろとアドバイスを受けるんですが、いまのものが好きなんで、これで行きたいなと。

 


  ムーチョ:それに尽きるよね。これが好きなんだと。

 

──他に収録されている曲についても聞かせてください。「キャロラン」ですが、キャロランって誰?


佐々木:特に誰ということはないんですが。音としてもよかったんで。根がフォークなんでスローな曲が好きなんですが、こういうアップテンポも好きなんです。

 


Lumi:これは、そこらに普通に入る少年の物語みたいに詞がリアルなので歌いやすいです。前向きに失恋を乗り越えていこうという歌なんですが、私自身はそこまでポジティヴな人間じゃないので、強がっている感じかな。キャラクターをそれぞれの曲で作れたらなと気を使ってはいます。

 


ムーチョ:イントロから賑やかな感じなんで、自分もそれに乗る感じですね。アッパーな曲なんで、その勢いを大事にしようと。

 


佐々木:サウンドの面から言うと、僕たちのルーツがここにありますね。ずっとやりたかったことに近いのかなと思います。ボクはトラディショナル・ソングが好きなんで、そのエッセンスを取り入れています。

 

──“I don't know why ? Carolan”というところは語呂がよくて、お客さんも全員で歌えそうですね。


佐々木:曲を作るときは同時に歌詞も出てきちゃったりするんですが、メロディとともに出てくる言葉がいちばんハマリがいいですね。

 

⇒INTERVIEW NEXT

 
この記事をツイート

この記事の関連情報