<FRF'06>モグワイ、大自然でみせた音の芸術

ツイート
3日間の疲れも楽しい思い出へと変わり、それぞれが最高のファイナルを迎えようとオーディエンスが異様な盛り上がりを見せる3日目の夜。いよいよ大トリ。グリーン・ステージではハッピー・マンデイズのライヴが始まる頃、ホワイト・ステージのトリとしてノイズの芸術家モグワイが登場した。会場には溢れんばかりの人が集まり「1歩前へ進んで下さい」とのアナウンスが流れる。入場制限ギリギリの状況だ。

今回のライヴは、最新アルバム『ミスタービースト』を中心としつつも、『ハッピー・ソング・フォー・ハッピー・ピープル』などその他のアルバムからも数々の名曲を披露。気づけば彼らもデビューして9年だ。選曲が見せる楽曲の幅が、彼らの歴史の深さを物語っていた。

ライヴ・ハウスという閉鎖された空間で、許容量以上の轟音が所狭しと響き渡るモグワイのライヴも素晴らしい。だが、大自然という無限の許容量の空間で行なうライヴは一味違い、最近の作品の芸術的傾向も合わさって、非常に美しいライヴとなった。限りなく空へと広がり続ける彼らの音は、どこまで広がりを見せてもバランスを崩すことなく、完璧な形で空へと消えた。時には幾重にも重なった轟音が鳴り響き、まるで空に音のアーチを描いたようにホワイト・ステージ全体を包み込み、その異次元空間の中でオーディエンスは完全に音に陶酔した。これも緻密に計算された精巧な彼らの音楽ゆえ。緻密な計算の先に繰り広げられるダイナミックなサウンドは、自分が何処にいるのかさえも忘れさせるほどの迫力だ。

当初期待されていた日本のバンドenvyとの共演は実現しなかったが、アンコール1曲目の「ダイヤル;リベンジ」では、スーパー・ファリー・アニマルズのヴォーカル、グリフが登場するというサプライズも。しかし、お祭り騒ぎなプレイではなく、グリフもバンドもひたすらに演奏を追及したとてもストイックなステージとなった。興奮すればするほど、その興奮を集中力へと注ぎ込むメンバー。ビクともせずに演奏に全てをつぎ込むバンドに対比して、トリップ寸前まで音に酔いしれ興奮をあらわにするオーディエンス。ラインナップに新人が目立った今年のフジロックで、時間的にも大トリを務めたモグワイのステージは、大トリに相応しく最高峰の技術とセンスでオーディエンスを魅せる圧倒的なライヴであった。


取材・文●Sugio


7/30 WHITE STAGE

1.Yes, I Am a Long Way from Home
2.Friend of the Night
3.Travel is Dangerous
4.Summer
5.Ithica
6.I Know You Are, But What Am I?
7.Acid Food
8.Killing All the Flies
9.Glasgow Megasnake
10.Ratts Of the Capitol
11.We're No Here

----ENCORE----

12.Dial; Revenge
13.Hunted By a Freak
14.New Paths to Helicon Part 1


FUJI ROCK FESTIVAL'06特集ページはこちら!
https://www.barks.jp/feature/?id=1000025344
この記事をツイート

この記事の関連情報