木村カエラを迎えたサディスティック・ミカ・バンドのリリース決定!

ツイート
キリンラガービールのCMをきっかけに、17年ぶりの再結成を果たしたSadistic Mikaela Band Rivisited(サディスティック・ミカ・バンドリヴィジテッド)。そのCMでは、木村カエラをヴォーカルに迎えた「タイムマシンにおねがい」も披露され、伝説のバンドと今もっとも熱い視線が注がれている女性ヴォーカリストとのコラボレーションは大いに話題となった。そしてこのほど、“Sadistic Mikaela Band”(サディスティック・ミカ・バンド)として10月25日にアルバム『NARKISSOS』(ナルキッソス)をリリースすることが発表され、都内で記者会見が行なわれた。

8月24日(木)正午からスタートした会見には、オリジナル・メンバーである加藤和彦(G/Mandolin/Vo)、小原礼(B/G/Vo)、高橋幸宏(Dr/Vo)、高中正義(G)、木村カエラ(Vo)、そして、来春公開予定のドキュメンタリー映画『サディスティク・ミカ・バンド(仮)』の監修を務める井筒和幸監督が出席した。

――17年ぶりの再結成について。

小原「正直なところ、大丈夫かなと思って。みんなおじさんばっかりなんで。できんのかなぁって思ってたら、意外と(笑)」

高中「スタジオに入ってレコーディングするっていうのも久しぶりで。カウントを出しながら“せーの”でみんなで演奏するっていうのも、懐かしいのと楽しいのとありました」

加藤「個人的には顔を会わせてるんだけど、実際に演奏をしたのはすごく久しぶりで。みんなの音楽的なノリが、すごい楽しかったです。我を忘れて楽しいっていうのは、音楽をやっていてもなかなかないんですけどね」

高橋「ソロでやってるものとはだいぶ違うものなんですけど、それを引っ張り込みまして。みんなにブーブー言われながらも随所に僕のテイストを入れさせていただき、それでいてシンプルなロックになりました。全曲でドラム叩かされるとは思ってなかったんですけど(笑)。みんな上手いなと思ってね、びっくりしました。腕は落ちてないんだって」

――伝説のロックバンドに参加した感想は?

カエラ「CMのときもびっくりしたんですけど、“私でいいのかな”って。でも本当に、純粋にうれしく思いますね」

――木村カエラの魅力は?

小原「すごくキッチュなところがあって。あと、すごく頭のいいコ。これ以上ミカ・バンドに会う人はいない」

高橋「音さえあれば、歳の差なんて(笑)」

加藤「今までのヴォーカリスト(ミカ、桐島かれん)の中で、一番歌が上手い。何をもってロック・ヴォーカリストかというのは難しいけど、単に歌が上手いだけじゃない、オーラがすごいんです」

と、大絶賛。そして、ほぼ一発録りでレコーディングされたアルバム『NARKISSOS』については「どの層の人が聞いてもがっかりしないものができてるつもり」(加藤)、「たぶん、聴いたこともないようなグルーヴが聴けると思います。楽しみにしててください」(小原)、「ほんとに多くの人に聴いてほしいなって思います!」(カエラ)と、メンバー一様に大自信作であることを確信させる答えが返ってきた。

映画『サディスティク・ミカ・バンド(仮)』は、井筒監督曰く「音楽家たちの、意味深い、重みのあるドキュメント」になるという。

そしてここでビッグ・ニュース! 『NARKISSOS』のリード曲の、ビデオ・クリップ撮影の参加者を大募集! このビデオ・クリップは、メンバー総出演によるライヴ・シチュエーションで撮影される予定で、参加者は演奏を盛り上げる観客になれるのだ。撮影は、8月30日(水)12:00開場、都内某所で行なわれる。応募の受付期間は、8月25日~27日まで。詳しくは、下記オフィシャル・サイトを今すぐチェック!

■オフィシャル・サイト
http://columbia.jp/smb/

▼記者会見映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000015761
この記事をツイート

この記事の関連情報