<MTWB2006>木村カエラ、飄々としながらも堂々とした演奏で魅了!

ツイート
朝から降り続いていた雨が少し弱まった頃、MCの「木村カエラーッ!」というコールとともに湧き上がった大歓声に迎えられて、木村カエラがステージに登場! 白いTシャツとライトブルーのパンツというラフな出で立ちに、黒いストラトが良く似合っている。飄々としているけれど、とても堂々とした佇まいだ。

そして、なだらかな斜面を埋め尽くした客席を見渡し、一呼吸ついてから「BEAT」でライヴはスタートした。弾力のある低音域の歌声とともに、演奏は熱を帯びていく。続けて最新シングル「Magic Music」へ。カエラちゃんが歌詞に合わせてジャンプすると観客も一緒に跳ね上がり、大きな人の波が起こっていた。

「“雨なボーイ”だね(笑)」とあいにくの空模様を「Magic Music」の歌詞をもじりながら、「でもみんなの力で雨をどかせないとね!」と気合たっぷりに、とびきりパンキッシュな新曲「TREE CLIMBERS」へと畳み掛ける。屋根のないエリアまで出て、ずぶ濡れになりながらオーディエンスを煽り「リルラ リルハ」へと続き、徐々に強くなる雨脚に負けじとパフォーマンスはパワーアップしていく。

そしてラストは、ドラマ『アテンションプリーズ』主題歌としてもお馴染みとなった「oh! Pretty Woman」。左手をちょこんと差し出す“アテンション・プリーズ”なポーズや、♪ガルルルルルルルルルルルーというキュートな巻き舌をキメ、投げキスと満面の笑顔を客席に向けてステージを後にした。

後日、インタヴューで会った際にこの日の感想を本人に聞いてみると「家族連れが多くて、温かい雰囲気がしてすごく楽しかった!」とのことだ。

文●望木綾子



■<MEET THE WORLD BEAT 2006>
木村カエラ セットリスト

1. BEAT
2. Magic Music
3. TREE CLIMBERS
4. リルラ リルハ
5. Circle
6. oh! Pretty Woman

■<MEET THE WORLD BEAT 2006>特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000026015
(他にも写真多数あり!)

■木村カエラ オフィシャル・サイト http://columbia.jp/kaela/
この記事をツイート

この記事の関連情報