織田哲郎、13年振りにソロ・アルバムをリリース!

ツイート
相川七瀬、Kinki Kids、ZARDなど、多くのアーティストに楽曲を提供し、J-POP界に一大ムーブメントを巻き起こした織田哲郎。近年では、上戸彩や中森明菜などにも楽曲提供をするなど、その活躍ぶりは衰えることを知らない。倖田來未のアルバム『COLOR OF SOUL』に収録されている「It's too late」も、織田が作曲を手掛けた楽曲だ。

いまやJ-POP界になくてはならない存在となった彼が、なんと13年振りにソロ・アルバムをリリースすることが決定! タイトルは「MELODIES」で、9月20日にリリースされる。今作は、様々なアーティストへ提供した楽曲を自身でカヴァーしたセルフ・カヴァー集で、「負けないで」(ZARD)や、「ボクの背中には羽根がある」(Kinki Kids)、「世界中の誰よりきっと」(中山美穂&WANDS)など、オリコンチャートでベスト5内にランクインした楽曲ばかりが全12曲収録されている。

カヴァー集と言えど、オリジナルの90年代サウンドとは一線を画すアコースティックなサウンドとなっており、ボサノヴァやフォルクローレ、フラメンコなどの要素を取り入れた、大人なサウンドが楽しめる作品。織田の質のいい落ち着きのある歌声が、楽曲を上品に彩っている。誰もが一度は耳にしたことのある名曲たちが、また新たな魅力を放ちだす、極上のPOPSアルバムが完成した。

これからさらに話題を呼びそうなこの作品。聴かなきゃ絶対損をするぞ。ぜひチェックを!

◆リリース情報
New Album『MELODIES』
UPCH-1517 ¥3,059(tax in)
2006年9月20日発売

織田哲郎 オフィシャル・サイト
http://www.t-oda.jp/

織田哲郎 ユニバーサル・サイト
http://www.universal-music.co.jp/oda_tetsuro/
この記事をツイート

この記事の関連情報