ハリウッド映画出演を断りシンガーへ、ジェイムス・モリソン来日レポ

ツイート
ダニエル・パウター、ジェイムス・ブラントといった男性シンガー・ソングライターが大きな注目を集める今日この頃。いまイギリスで大きな注目を集めている男性シンガーがいる。彼の名はジェイムス・モリソン。弱冠21歳の青年である彼のデビューアルバム『ジェイムス・モリソン(原題:UNDISCOVERED)』は、8月初旬にイギリスでリリースされるやいなや、UKチャートでいきなり初登場1位を獲得。2週連続で1位に輝いた後、現在でもチャートの上位に食い込んでいる。

そんな彼が10月4日に日本発売されるアルバムのプロモーションのため8月25日に来日し、スペシャル・ショウケースを恵比寿リキッドルームで行った。まだ日本デビュー前だというのに、会場は関係者も驚くほど異例の超満員。ダニエル・パウターらの大ヒットもあり、リスナーの間でもジェイムス・モリソンへの注目度は非常に高まっているようだ。

ジェイムスが登場すると、会場からは“かわいいー”という黄色い歓声が。デビュー前には、俳優としてハリウッド映画の出演オファーをもらったという彼だけに、女性ファンからの注目も一際大きいようだ。あまりの歓声に照れた様子で挨拶すると、全英で大ヒットした「君に逢えてよかった…。(原題:You Give Me Something)」をいきなりプレイ。まるで包み込まれるような甘いハスキー・ヴォイスで、それまで浮き足立ったかのような会場の雰囲気を一転させた。約1,000人近い観客は、その静謐な雰囲気を保ちつつ、エモーショナルな情感を伝える彼の声に、文字通り聞き入ることになった。

アンコールを含め約8曲をプレイし、1時間あまりでショウケースはクローズした。あの日、幸運にもジェイムス・モリソンを目撃した観客は、この若きシンガーソングライターのことを深く記憶にとどめるだろう。

日本デビューは10月4日。8月30日より「君に逢えてよかった…。」の着うた(R)が、携帯サイト<絶対!洋楽>にて配信開始している。同サイトでは、先着5,000名に無料ダウンロード・キャンペーンを実施中とのこと。詳細はこちらをチェックしよう。


◆ジェイムス・モリソン ショウケース・セットリスト◆
1.君に逢えてよかった…。
2.アンディスカヴァード
3.ディス・ボーイ
4.ベター・マン
5.ザ・レター
6.ワンダフル・ワールド
7.ザ・ラスト・グッバイ

~アンコール~
8.君に逢えてよかった…。


◆携帯サイト「絶対!洋楽」へのアクセス方法はこちら
http://www.universal-music.co.jp/mobile_uta.html
この記事をツイート

この記事の関連情報