カールとピート、ついにコラボ

twitterツイート
元リバティーンズのカール・バラーとピート・ドハーティのコラボレーションが実現したようだ。バラーが、クラッシュのカヴァー・ソングでドハーティと共にヴォーカルをとったことを明らかにした。

2人は、元クラッシュの故ジョー・ストラマーの偲んで設立されたミュージック・チャリティ団体Strummervilleのためにクラッシュの「Janie Jones」を歌ったという。残念ながら一緒にレコーディングしたわけではないものの、リバティーンズ解散後、初のコラボとなる。

バラーはNME.COMにこう話している。「Strummervilleのためにレコーディングするかって? もうやったよ。コンピューター持った奴がひょっこり現れ“これに歌ってくれ”って言って消えてったんだ。ピートもやってたよ。パディントンズもな。いろんなバンドがやってた」。しかしながら、バラーは「まだ(出来上がったものを)聴いてない」そうで、曲がいつリリースされるかもわからないと続けた。

Strummervilleは、7月にリニューアルされたカムデンの伝説的な会場Roundhouseにスタジオをオープン。若手ミュージシャンの育成を支援している。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス