コーラル、ノエルのスタジオでニュー・アルバムを制作

ツイート
ザ・コーラルが、'05年の『The Invisible Invasion』に続く新作の制作をスタートしたようだ。バンドは、オアシスのノエル・ギャラガー所有のスタジオを使用しているという。

NME.COMは、バンドは8月30日にバッキンガムシャー州にあるノエルのスタジオでレコーディングを開始したと伝えている。間もなく、これまでにレコーディングが済んだトラックのミキシングを始めるという。

バンドのオフィシャル・フォーラムでは以下のようなメッセージが掲載されている。「彼らは、バッキンガムシャー、ウィーラー・エンドにあるノエル・ギャラガーのスタジオに入ってる。1週間レコーディングをしていて、それはニュー・アルバムに収録されると思う。ロンドンでレコーディングされたものを何曲か聴いたけど、素晴らしい出来だった。でも、彼らは多分、ミキシングなんかでより形を整えたいんだと思う」

新作は、バンドにとって4枚目のスタジオ・アルバムとなる。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報