名曲「セーラー服と機関銃」が25年振りに蘇る!

ツイート
1981年に薬師丸ひろ子が歌い大ヒットした楽曲「セーラー服と機関銃」が、25年の時を経て再び蘇る。同曲は、薬師丸が主演を務めた映画『セーラー服と機関銃』の主題歌で、映画公開当時は社会現象を巻き起こすほどの記録的な大ヒットとなった。

その名曲が、物語の主人公である星泉(ほしいずみ)によって復活する。10月25日にリリースされる「セーラー服と機関銃」は、10月13日より放送されるTBS系連続ドラマ『セーラー服と機関銃』の主題歌となっており、主人公の星泉が歌うという。同作は、2タイプの初回盤と通常盤でのリリースとなっており、DVD付初回盤にはプロモーション・ビデオが収録されたDVDが付き、もう一方の初回盤には、ドラマの舞台となる目高組のオブジェ“モサイ像”をモチーフにした携帯ストラップが付いている。新たなアレンジと歌い手で蘇る同曲に、ドラマ放送開始前から、多くの注目が集まっている。

「セーラー服と機関銃」は赤川次郎原作の小説で、普通の暮らしを送っている平凡な女子高生の星泉が、ひょんなことから少人数の構成員から成る目高組の組長となり、事件にイヤイヤ巻き込まれたり、対立する組と抗争しながらも、成長いくというストーリー。ドラマでは、主人公の星泉役を、今最も旬な若手女優の長澤まさみ(19)が演じる。となると、必然的に主題歌を歌うのは星泉役の長澤まさみ……と言いたいところだが、主題歌を歌うのは主役を演じる長澤とは言わず、あくまでも劇中の星泉が歌っているとのことで、CDジャケットも星泉のシルエットのみにしている。

21世紀のスーパー・ヒロインが、次々と世の不条理を蹴散らす様は、スカッとすること間違いなし! 筋の通らないことが大嫌いという硬派なヤクザを、長澤がどのように演じるのか、今から楽しみだ。

◆リリース情報
「セーラー服と機関銃」
【DVD付初回盤】 VIZL-209 ¥1,700(tax in)
【携帯ストラップ付初回盤】 VIZL-210 ¥1,500(tax in)
【通常盤】 VICL-36172 ¥1,000(tax in)
2006年10月25日発売

星泉 オフィシャル・サイト
http://hoshiizumi.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス