『人形劇ギルド』DVDリリース・インタビュー

twitterツイート

 

――今回、楽曲「ギルド」をモチーフに人形劇を作ったとのことだけど、過去に人形劇や無声映画で感銘を受けた作品はありますか?

藤原:無声映画というと、チャップリンや昔のミッキーのアニメしか思いつかないくらい知識は浅いんです。でも、人形やクレイ(粘土)のぎこちない動きの劇を見るのは好きですね。

直井:僕が見て面白かったのは、『チェブラーシカ』っていうロシアの人形劇ですね。僕らの作品と同じような手法で作られているんですけど、すごくかわいい。でもそれに感銘を受けて『人形劇ギルド』を作ったわけではないですよ。

――人形劇にこだわりがあって作ったということではないと。

直井:そうですね。人形劇の話も、この企画が上がる前にメンバーと多少話した程度ですしね。以前、「バイバイサンキュー」(「天体観測」カップリング)のPVを紙芝居方式で作ったことはありますけど。

――そういう志向は、昔からあったということですか?

直井:はい。だから突拍子も無く人形劇を作ることになったわけではないです。

――楽曲の「ギルド」を書いたときから、地底深くで炭鉱を掘るというイメージは持っていましたか?

藤原:そこまでは思っていないです。真っ暗な坑道の中で、おじさんがひたすら炭鉱を掘っているというイメージだけでしたね。今回の作品は物語になっていますけど、当時は、その物語のイメージはなかったですね。

――“66ギルド”をヘブン(天国)にしたことに、意味はあるのでしょうか?

藤原:ディレクターのラッキー・ナンバーです(笑)。

――笑。なるほど。

藤原:それに、天国と呼ばれるような異質なエリアの存在を、100とかキリのいい数字にしたくはなかったのと、僕らにとって愛せる数字にしたいという思いがあって。そうすると、66という数字はちょうどよかった。ディレクターのラッキー・ナンバーが、3とかじゃなくてよかったと思いますね(笑)。浅い! みたいな(笑)。

――アコースティック・ギターで始まるオープニングのBGMを弾いているのは、藤原さんですか?

藤原:はい。楽曲の「ギルド」と同じテンポのリズムに合わせて拍子をとりながら、弾きました。キリのいいところまで弾いて、弾いた音を確認しながら作っていきましたね。

――『TALES OF THE ABYSS』(RPGゲーム)のBGM(『SONG FOR TALES OF THE ABYSS』(以下、『~ABYSS』))を作ったときと比べて、違ったことは?

藤原:今回のほうが、作業速度が早かったです。大きく違うのは『~ABYSS』は打ち込みで、今回は完全に生音のギター音だということ。『~ABYSS』を作ったときに、制作の基礎ができていたので、ノウハウをわかっているということも早くできた理由ですね。小節割りをしていくと、秒数の関係で、どうしても最後が半端な小節数しか残らなかったりするんですよ。でも、そうなった場合でも、成立する作り方を今回は知っていたので、そこで苦労することはなかったです。

――『~ABYSS』でやったことが身になっているんですね。「ギルド」の音楽を流すタイミングは、最初から決まっていたのでしょうか?

藤原:番場さんと何パターンか試してみたんですよ。でもやっぱり2人とも、あのシーンが一番しっくりきたので、そこにしました。


  
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス