英国、レスター大学の心理学者エイドリアン・ノース氏が、2,500人の英国人にアンケートを取り、音楽の好みと生活スタイルの関係を調べた。ノース氏はこの調査の結果、音楽の好みによりその人物像をある程度推測できると話している。

ノース氏によると、ヒップホップ・ファンは複数のセックス・パートナーを持ち、犯罪に走るケースが多いという。この5年間で複数の相手と関係を結んだのは、カントリー・ミュージック・ファンが1.5%だったのに対し、ヒップホップ・ファンは38%、ダンス・ミュージック・ファンは29%だったという。またヒップホップとダンス・ミュージック・ファンの50%以上が過去に法を破ったことがあるそうだ。

このほか、クラシック・ミュージック・ファンの25%は大麻を試したことがあり、オペラ・ファンの12%はマジック・マッシュルームを好むとの結果も出ている。

ノース氏は現在、1万人を対象にさらなる調査を行ないたいと考えており、サイト(musictastetest.com)でアンケートを募集している。

Ako Suzuki, London