Sound Schedule、ファンへの感謝が詰まったベスト・アルバムをリリース

twitterツイート
今年の7月に、9月に行なうツアーの終了をもってバンドを解散することを発表したSound Schedule。突然の解散宣言に、驚きを隠せないファンも多いようだ。

そんな彼らが、今までバンドを応援してくれたファンへ感謝の意を表して、9月20日にベスト・アルバム『THE COMPLETE SS』をリリースした。2枚組でリリースされた同作には、デビュー曲「吠える犬と君」や、「君という花」「幼なじみ」といったバンド初期のナンバーから、「さらばピニャコラーダ」「ことばさがし」など、彼らの代表曲とも言える楽曲のほか、新曲「同じ空の下で」「クライマックス」の2曲を含む全21曲が収録されている。彼らのバンドの歴史が刻まれているともいえる作品だ。現在BARKSでは、同作に収録されている「同じ空の下で」のPV視聴と楽曲試聴を公開しているので、ぜひチェックを。

そして9月20日からは、いよいよバンドとしては最後となるツアー<Sound Life ~ありがとう~>がスタートする。メンバー3人で歩んできた5年間の集大成ともいえるライヴになるはずなので、このラスト・ツアーを見逃すな! ツアーの詳細はオフィシャル・サイトをチェックしよう。

「同じ空の下で」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000015977

「同じ空の下で」楽曲試聴
https://www.barks.jp/listen/?id=1000015514


◆リリース情報
ベスト・アルバム『THE COMPLETE SS』
YCCL-10004/5 ¥3,150(tax in)
2006年9月20日発売

Sound Schedule オフィシャル・サイト
http://www.soundschedule.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報