エアロスミスのスティーヴン、C型肝炎だった

twitterツイート
エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo)がC型肝炎にかかっていたことを告白した。New York Daily Newsなどが伝えたところによると、彼は数年前にインターフェロンによる治療を受け、現在は快復しているという。

C型肝炎は主に汚染した注射針などを通して感染し、肝硬変や肝臓癌に至る病気。タイラーは、危険性について人々に知ってもらい、意識を高めるために自らの闘病を公言することに決めたという。

肝炎のウイルスは「俺の血の中にはない。完全に治った。長い間、C型肝炎にかかっていた。自覚症状がほとんどないんだ。今は落ち着いている」とタイラーは言う。

彼はまた、治療についての辛さを話すと共に、今後は米テレビ番組などでさらに多くの詳細を明かすかもしれないとも話している。最後に、みんながC型肝炎の話題を受け入れてくれることを願っているといった内容をDaily Newsに語った。

エアロスミスは現在、モトリー・クルーと全米ジョイントツアー中。来年に新作が見込まれている。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報