AI、大胆不敵なタイトルが付けられた新作の真意は?

twitterツイート
4月にリリースした壮大なバラード曲のシングル「Believe」が、自己最高位のシングル・チャート初登場2位を獲得し、着うたが100万件ダウンロードされるなど、「Story」に続く大ヒットを記録したAI。同曲は、フジテレビ系ドラマ『医龍 Team Medical Dragon』の主題歌にも起用され、話題となった。9月6日にリリースされたシングル「I Wanna Know」では、前作とは対照的なアップテンポなナンバーで、AIの面目躍如たる歌声を聴かせてくれた。

そんな彼女が、9月27日に待望のニュー・アルバム『What’s goin’ on A.I.』をリリース! 今作には、「Believe」はもちろん、本人出演のロッテ・キシリトールガムCMソングとなった「No Way」のほか、エステ“ラ・パルレ”のテレビCMソング「Beautiful feat. Trey Songz」、アジア諸国で絶大な人気を誇る韓国のシンガー・Rain(ピ)とのデュエット曲「Too Much feat. Rain」など、新曲を含む全15曲が収録されている。

“ホワッツ・ゴーイン・オン”というタイトルを聞くと、アメリカのソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイのアルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』を思い浮かべる人も多いかもしれない。1960年代後期に激化したベトナム戦争に疑問を投げかけ、公害で壊されていく環境問題にも関心を寄せていた彼は、暴力やドラッグなど、世界中で起きている問題へのメッセージを楽曲にして放った。そんな彼のアルバムは、いまやアメリカの音楽史に残る傑作となっている。

音楽史に残るほどの作品と同じタイトルを付けるとは、なんとも大胆不敵な彼女の意気込みを感じる。今、日本や世界で起こっている悲惨な事件、テロ、戦争などのニュースを見て、最近世の中がおかしくなっていると強く感じた彼女は、それをメッセージとしてはっきりと伝えたいという思いから、タイトルを「ホワッツ・ゴーイン・オン(一体、どうなっているの?)」にしたという。しかし、収録曲で「ホワッツ・ゴーイン・オン」と付けられた楽曲はない。それは、アルバム全体で“ホワッツ・ゴーイン・オン”ということを、言いたいからとのことだ。

そんな強い思いが詰まったこのアルバム、しっかりと聴いて、まずは彼女の発信するメッセージを受け止めて欲しい。彼女らしいリズムとメロディで、リスナーを感動させてくれる最高の作品であることは間違いない。BARKSでは、収録されている楽曲の試聴と、「Believe」「I Wanna Know」のPVを視聴することができるので、今すぐチェックしよう!

『What’s goin’ on A.I.』の楽曲試聴はこちら
https://www.barks.jp/cdreview/?id=2000404313

「Believe」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000013612

「I Wanna Know」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000016058


◆リリース情報
ニュー・アルバム『What’s goin’ on A.I.』
UPCI-1049 ¥3,059(tax in)
2006年9月27日発売
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス