ニック・カーター、元カノのパリス・ヒルトンを嘘つきと非難

ツイート
バックストリート・ボーイズのニック・カーターが、以前付き合っていたパリス・ヒルトンとの破局について、ついに口を開き、危うくハメられるところだったと非難した。

ニックとパリスは'03年末に交際を始めたが、翌年7月に突然破局し、直後にパリスが唇を腫らし、腕に青アザを作って姿を見せたため大きな話題となった。ニックの暴力が原因ではないかと報じられたのだ。しかし、ニックは「女性に手をあげたことは一度もない」と改めて暴力を否定した。

ニックによれば、破局はパリスの浮気報道が引き金だったらしい。当時、パリスは映画『蝋人形の館』の撮影中に共演者チャド・マイケル・マーレイとの浮気が報じられ、ニックはその噂にひどく傷ついたという。そして、仕返しに自分も浮気をし、まもなくパリスとの関係は終わりを迎えた。しかし、その直後、いかにも殴られたような姿でマスコミの前に現れたパリスに、ニックは危うく暴力男の汚名を着せられるところだったという。

さらにニックは、「彼女は大金持ちだし有名人だったから、僕を利用しようとしてるんじゃないかなんて心配する必要もない、そう思っていた。大間違いだったよ。彼女にすっかり夢中になってしまったんだ。やめておけばよかったけどね」と後悔の弁を述べている。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス