バンコク・アンダーグラウンド・カルチャーを京都で体験!

ツイート
アジア諸国のアンダーグラウンド・シーンやクラブ・カルチャーをご存知だろうか? 日本でも一部の先鋭的なメディアが取り上げているものの、一般層にはまだほとんど知られていないというのが現状だろう。

しかし、キチ…いや、面白いことを考えている人というのは、世界中どこにでもいるもので、それはアジア諸国も例外ではない。中でも、特に注目なのがタイのカルチャーだ。彼らは、日本や諸外国とはまた違う、独特な音楽の捉え方をしていて、そのカオティックな雰囲気が非常に面白い。そんなタイのクラブ・カルチャー/バンコク・アンダーグラウンドを日本に紹介するパーティ<POP ASIA 2006+KYOTO>が、京都metroにて行われることになった。

今回出演するのが、GOOSE、CLIQUETPAR、REDTWENTYという3バンドに加え、日本から日暮愛葉率いるlovesだ。なかでも注目したいのが、GOOSEというバンド。マイ・ブラディ・ヴァレンタインに代表されるシュゲイザーの流れを組むバンドで、現在、タイのインディー・シーンを席巻しているという。そのサウンドは、単なるシュゲイザーというよりは、エレクトロニカや音響的実験を巧みにミックスしており、レディオヘッド的なインテリジェンスすら感じさせている。日本ではほとんど情報がないだけに、イロモノ的な捉えられ方をするかも知れないが、(録音物を聴く限り)彼らのセンスは本物である。

日本では滅多に紹介されることのない、タイのアンダーグラウンド・シーンを体験できる<POP ASIA 2006+KYOTO>。京都や関西周辺にお住まいの方は、是非足を運んでみてはいかがだろうか? きっと、新しい刺激的なサウンドに出会えるはずだ。

◆イベントの詳細はこちら
http://popasia2006.jp/kyoto/index.html


◆出演バンドのプロフィールなどはこちらから(動画などもアリ)
http://soi.jugem.cc/?eid=132
この記事をツイート

この記事の関連情報