米ベスト子作りソング発表

twitterツイート
近年の出生率低下が叫ばれる中、洋楽を聴いて子供を作るといったアイデアが出てもおかしくないかもしれない。そんな、赤ちゃんが欲しくなるクラシック・ソングを、Blender.comが特集している。同サイトは“子作りソング”と題して10曲以上を紹介。レーナード・スキナード、ボストン、キッスといった'70年代のアーティストを中心に“愛”の曲を集めている。

先ずはドナ・サマーの「Love to Love You Baby」。次にブレッドの「Make It With You」、またマーヴィン・ゲイの「Let’s Get It On」と、そのものズバリなタイトルが並ぶ。そして、ボストンのヒット「More Than a Feeling」、レーナード・スキナードの「Tuesday's Gone」といった曲も挙げられている。Blenderによれば、「More Than a Feeling」は“車の中での営み”を促進するらしい。ジェファーソン・スターシップの「Miracles」に至っては、バンド自体が“ラヴ・ソングにもってこいのタイプ”としている。

ほかに、アル・グリーンの「Simply Beautiful」、レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」、KISSの「Beth」といったクラシックソングも選ばれた。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス