キスだけじゃない! 亜弥&美貴の新曲PVは見どころ満載で生唾ゴックン

twitterツイート
あややとミキティは瞳を閉じ、そしてお互いの唇と唇が近づいていって・・・。

松浦亜弥と藤本美貴のユニット、GAMの新曲「メロディーズ」のPVが到着した。かねてからの話題どおり、このPVであややとミキティは女同士の禁断の関係のような“艶技”を見せている。

<泣いてるみたいな 声が出ちゃうの/あったかいあなたを認めると そうなるの><こんなことするために 生まれてきた><泣いてるみたいな 顔になるけど/女の一番いい素顔 なんだから>などなど、妄想を掻き立てられるフレーズが連続する歌詞については、前回のニュースでお伝えしたとおり(https://www.barks.jp/news/?id=1000027308)。生々しいまでの女の子のリアリティさに「あややとミキティの口から、そんな言葉が飛び出すなんて・・・」と、思わずショックを受けたファンもいることだろう。

しかし、「メロディーズ」のPVも歌詞に負けず劣らずの見どころがいっぱいだ。まずは衣装。ボディーラインを強調した、キャミソールのようにも見えるワンピースは膝上15cm以上(編集部推定値)! もちろん太腿も露わになっており、ふたりが腰を振るたびに、その裾は路面に跳ね返る雨粒のように跳ねて乱れる。また、やや丸みを帯びて大人の肢体へと進化したふたり、特にあややの絹のような白い肌にも目を奪われることだろう。

ボディータッチが多いのもこのPVの特徴。イントロ終わりでは、お互いの胸から腰までを右手でやさしく撫でていく・・・。ミキティの身体のラインに沿って指を這わせるあややには、どこかしら艶かしさを覚えずにはいられない。このほかにもフルPVでは、オレンジにしゃぶりつくミキティや半熟目玉焼きの黄身を口の中に注ぎ込まれるあやや、そして曲のエンディングでは、記事の冒頭にお伝えしたようなシーンが楽しめる。まさに生唾ゴックンの映像がオンパレードとなっているのだ!

さて、そんな気になる「メロディーズ」のPVだが、バークスでは通常のサイズに加えて、大画面・高画質版(https://www.barks.jp/watch/?id=1000016352&wpl=wm&wbw=1m)でも配信中。細部まで綺麗な映像で、恍惚の表情を浮かべる彼女たちを何度も何度も見てほしい。

激エロ路線をひた走る後藤真希(https://www.barks.jp/news/?id=1000027566)や今回のGAMなど、最近、セクシー路線へのシフトするアーティストが多い。バークスでは、彼女たちの映像などを随時配信していくので、ぜひこまめにチェックしてみて欲しい。ちなみに、バークス一押しの“あの娘”の姿は、現在フォトアルバム(https://www.barks.jp/feature/?id=1000027095)で絶賛公開中だ!


■「メロディーズ」のディスク情報はこちら!

■GAM「メロディーズ」のPV視聴はこちら!
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報