週刊エンタメ情報・今週の1行ニュース(2006.10.21)

ツイート
●マラウィから1歳の男の子を養子に迎えたばかりのマドンナだが、次は同じ村の3歳の女の子を養子にしたがっていると英タブロイド紙が伝えている。

●パリス・ヒルトンの妹ニッキーが、交際していた俳優ケヴィン・コノリーと破局した。ケヴィンの浮気が原因らしい。

●一方、姉のパリスはニコール・リッチーとの友情復活に続き、犬猿の仲だったリンジー・ローハンとも仲直りした模様。

●NYの伝説的ライヴハウスCBGBの閉店にともない、14日にはブロンディのデボラ・ハリー、15日にはパティ・スミスがラスト・ギグを行ない、満員の観客とともに名残を惜しんだ。

●アッシャーの休演によるミュージカル『シカゴ』のチケット払戻金は、総額40万ドル(約4,700万円)にも上ったそうだ。

●ポール・マッカートニーと離婚手続き中のヘザー・ミルズが、ポールに虐待を受けたとする報道について、ポール側は、「プライバシー尊重のためメディアには一切対応せず、正式な手続きの場でのみ反論する」という声明を発表した。

●ビヨンセとジェイ・Zは、ニューヨークから南アフリカへ向かう飛行機に荷物が積みきれず、やむなくもう1機チャーターしたらしい。空港職員によれば「2週間の旅なのに、まるで移住するかのような」大荷物だったとか。

●ボビー・ブラウンとの別居を申し立てていたホイットニー・ヒューストンは、今週初め、オレンジ郡の地方裁判所に正式な離婚申請の書類を提出したようだ。

●ディディは現在妊娠中の恋人キム・ポーターとの結婚について、「まだ心構えができていない」としながらも、「俺が結婚するとしたら相手はキムだ」と語った。

●ジャスティン・ティンバーレイクが自ら手掛けるブランドWilliam Rastのファッションショーが、17日にLAの人気クラブで開かれ、恋人のキャメロン・ディアスや、元インシンクのランス・バース、パリス・ヒルトンなどが出席した。

●『アメリカン・アイドル』のチャリティオークションで、「審査員ポーラ・アブドゥルと会える豪華な1日」が出品されたが、希望価格2万6,000ドル(約307万円)が高すぎたのか、結局落札者が出なかったようだ。

●セクシー女優スカーレット・ヨハンソンがAtcoレーベルと契約し、全曲トム・ウェイツのカヴァー・アルバムをレコーディング中とのこと。リリースは来春になる見込み。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報