リル・ジョン、次作はクランクとロックの融合?

ツイート
リル・ジョンが現在、クランクとロックを融合させたニュー・アルバム『Crunk Rock』の制作を行なっていると、Billboard.comが報じている。

リル・ジョン&ザ・イースト・サイド・ボーイズ名義で'04年にリリースされた大ヒット・アルバム『Crunk Juice』以来となる新作『Crunk Rock』は、現在のところリリース予定日などは明らかになっていないが、様々なロック・アーティスト/プロデューサーと競演する予定。

コラボの相手としてはリック・ルービン、グッド・シャーロット、コーンのジョナサン・デイヴィス、グリーン・デイのプロデューサー、ロブ・キャヴァロなどの名前があがっている。現在、プロデューサーとして大活躍中のリル・ジョンであるが、『Crunk Rock』では「プロデューサーからアーティスト・モードへ移行中」の状態であり、「俺は本当はラッパーではないから、ヴォーカルに集中している」とも語っている。

関連ニュースとしては、現在、リル・ジョンはプロデューサーとしてシアラのニュー・アルバムやブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムのソロ・アルバムを手掛けている。また来年、テレビ放映予定のアニメ・シリーズ『A-Town』の制作にも取り組んでいるという。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報