S・シスターズ、マッカートニーに曲送らず!?

twitterツイート
新作『Ta-Dah』(『ときめきダンシン』)を発表したシザー・シスターズ。収録曲の中にはポール・マッカートニーが夢に登場したことでインスピレーションを得た曲、そのものずばり「ポール・マッカートニー」があるが、フロントマンのジェイク・シアーズ(Vo)は、すでに話題となっているこの曲と夢について詳細の一部をAOL MUSICに語った。

彼は当時、ソングライティングの壁にぶち当たっていたとし、天を仰いで素晴らしい曲が書けるように神様にお願いしたそうだ。すると、その夜に救いの“神”が夢に現れたという。

「彼(マッカートニー)がパフォーマンスしている夢を見たんだ。次に、ソングライティングについて会話した。彼がいろいろ教えてくれて、この曲を作り上げたんだ」。

ジェイクは、のちに<ライヴ8>でマッカートニーと実際に対面した際、一連の事情を話した。マッカートニーはそれに「とてもクールだ」と反応、曲の送り先としてジェイクに住所を知らせたという。しかし、当のジェイクは「(未だに)送ってないよ」と、ため息まじりに回想したそうだ。

シザー・シスターズはアルバムからの1stシングル「I Don’t Feel Like Dancin’」(ときめきダンシン」)が現在大ヒット中。デビュー作『Scissor Sisters』はUKチャートを席巻した。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報