椎名林檎、3年ぶりのリリースが決定!

ツイート
椎名林檎としての最後のリリースから3年……ついに彼女が帰ってきた! なんと11月11日に配信限定で新曲「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」をリリースすることが発表されたのだ。さらに今回は“初の映画音楽監督に就任”というビッグ・ニュース付きだ。

彼女が映画音楽監督を務めるのは、2007年2月24日から公開される『さくらん』という映画で、以前から親交のあったフォトグラファー蜷川実花が初監督を行なう作品。“いま最高にカッコいい女たちが日本映画を変える!”と銘打ち、各界の女性トップ・クリエイターたちが集結する話題の映画だ。原作は安野モヨコ、脚本はタナダユキ、主演は土屋アンナが務める。そして蜷川氏から音楽制作の依頼を受けた椎名林檎は、これを期に約3年ぶりとなる新作を制作するに至った。彼女は初の映画音楽監督という体験について

“自分のアップルコンピュータに入れた実花監督独特の赤い映像の内、何処へどの様な音を付けても良いと言う何にも代え難い歓び。”

とコメントしている。ちなみに新曲「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」は映画のテーマ曲で、椎名林檎×SOIL&“PIMP”SESSIONSとしてリリースされ、作詞作曲が椎名林檎、編曲をSOIL&“PIMP”SESSIONSが行なっている。3年ぶりのリリースまで、2週間を切った。この3年の間に東京事変をはじめとし、数々の経験を重ねてきた彼女の新曲が一体どんな作品になるのか、高い期待と注目が集まる。本日よりレーベルによる椎名林檎のサイトにて先行試聴を開始したので、今すぐチェックを!

また、来年の1月17日には映画のエンディング曲である新曲「この世の限り」がリリースされ、2月21日には約4年ぶりのニュー・アルバムのリリースも決定している。椎名林檎が、また日本のミュージック・シーンに揺さぶりをかける。

先行試聴ができるレーベル・サイトはこちら!
http://www.toshiba-emi.co.jp/vmc/artist/domestic/ringo/


<映画『さくらん』>
●2007年2月24日 シネクイント ほか 全国ロードショー
●配給:アスミック・エース
http://www.sakuran-themovie.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報