スムルース、新曲はピアノを全面フィーチャーしたバラード

twitterツイート
11月1日にニュー・シングル「ムーディー・ムーン・ダンス」をリリースしたスムルース。彼らの代表曲「冬色ガール」以来のバラード・シングルとなる今作は、徳田憲治(Vo&G)のピアノの弾き語りに、バンドが徐々に絡んでいき、サウンドが幾重にも重なり合っていくというドラマティックな展開をみせている。壮大な世界観と大きな感動を呼び起こさせる、心の琴線を揺さぶる作品だ。カップリングには、これからの季節にピッタリな楽曲「クリスマスイズ」が収録されている。

今作は、メンバー全員が演奏スキルに磨きをかけたことにより感じることができる、個々の音の粒をじっくりと味わって聴いて欲しい。現在、BARKSでは「ムーディー・ムーン・ダンス」のPVを公開中! 切ないメロディが心に沁み渡ります。ぜひ、チェックを。

「ムーディー・ムーン・ダンス」PV映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000016432


◆リリース情報
ニュー・シングル『ムーディー・ムーン・ダンス』
KICM-1184 ¥1,000(tax in)
2006年11月1日発売
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報