加藤夏希登場のびっくりサプライズ! 洋楽翻訳選手権表彰式

ツイート
今回バークスも協力した「第三回 SII 全国中学校・高等学校 電子辞書 洋楽翻訳選手権」。前年を上回る23,919点の応募作品の頂点を発表する表彰式が去る11月19日、原宿・クエストホールにて行なわれた(「第三回 SII 全国中学校・高等学校 電子辞書 洋楽翻訳選手権」の詳細はこちら)。

表彰式には、受賞者や学校関係者、洋楽翻訳選手権の審査委員の先生方などが出席。学校応募サンクス賞、学校賞、Great Teacher賞に続き、フレーズ部門、フリースタイル部門の優秀賞が発表され、BARKS賞は、フレーズ部門が私立自修館中等教育学校の齋藤あかりさん、フリースタイル部門は群馬県立前橋清陵高等学校の堀越貴子さんが受賞した。

さらに、最優秀賞の発表を前に、スペシャルゲストの加藤夏希が登場。第一回、二回に続いての彼女の登場に会場もヒートアップ! なお、バークスでは、授賞式の際の加藤夏希のフォトアルバム(https://www.barks.jp/feature/?id=1000028304)を公開中だ。100%ここでしか見ることができない夏希ちゃんの姿、ファンならずとも見逃すな!

栄えあるフレーズ部門最優秀賞は、大阪府大阪市立今津中学校1年の山科博幸くんの作品。大阪弁を使ったユニークな翻訳が評価ポイントとなった。フリースタイル部門の最優秀賞は静岡県立藤枝西高等学校3年の大石侑穂くん。彼にはロンドン1週間体験留学が授与された。「佳作だと思って来たので、とてもうれしい」とのこと。

総評として、特別審査委員の湯川れい子先生から「今年はインターネットを通して個人応募が増え、翻訳の質も広がり個性豊かな作品が揃いました。翻訳は日本語をしっかり考えることにもつながるので、どうぞまた来年もご応募ください」とのコメントを頂き、式は無事に終了。

さらに、この後には場所を移して全国の受賞者、審査委員の先生方と交流を深めるための懇親会が開催され、加藤夏希との撮影会やゲームタイムなどで盛り上がった。

■受賞者一覧、表彰式の様子などはこちら!
http://sii-dictionary.jp/report06/ceremony.html

■加藤夏希のフォトアルバムはこちら!
https://www.barks.jp/feature/?id=1000028304
この記事をツイート

この記事の関連情報