『NME・クール・リスト』発表

ツイート
“かっこいいアーティスト”を選ぶNMEの“クール・リスト”が発表された。今年は、米アーカンソー出身のバンド、ザ・ゴシップのべス・ディットーがトップに選ばれた。レズビアンで反体制的な発言が有名な彼女は、同性愛者の権利を訴える活動家やフェミニストの間でアイコンとなっている。

今年はディットーのほか、リリー・アレンやカレン・O(ヤー・ヤー・ヤーズ)、ケイト・ジャクソン、ラヴフォックスら女性アーティストが5人もトップ10入り。また、大型新人ザ・ヴューのキーレン・ウェブスターが6位に登場した。昨年1位だったアークティック・モンキーズのアレックス・ターナーは32位に後退している。

NME Cool List 2006の上位10アーティストは以下の通り。

1.べス・ディットー(ザ・ゴシップ)
2.ファリス・ロッター(ザ・ホラーズ)
3.リリー・アレン
4.ジャーヴィス・コッカー
5.カレン・O(ヤー・ヤー・ヤーズ)
6.キーレン・ウェブスター(ザ・ヴュー)
7.ケイト・ジャクソン(ザ・ロングブロンディーズ)
8.ジェラルド・ウェイ(マイ・ケミカル・ロマンス)
9.トム・ヨーク(レディオヘッド)
10.ラヴフォックス(CSS)

トップ10圏外には、元クラッシュのポール・シムノン(11位)、オアシスのリアム・ギャラガー(12位)、ナールズ・バークレイのシー・ロー(16位)、ダーティ・プリティ・シングスのカール・バラー(18位)、ジャック・ホワイト(19位)などが登場している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報