離婚ブリトニーの新カレはパリス?

ツイート
ブリトニー・スピアーズは、ケヴィン・フェダーラインとの離婚を発表した直後から「姉妹のように」仲良くなったパリス・ヒルトンと、連日のようにパーティや買物に出かけ、独身生活を満喫している。目撃者によると、「パリスはブリトニーのためにドアを開けてあげたり、手を引いてあげたり、まるでボーイフレンドのように振る舞っている」そうだ。また、日によってはこのツーショットにパリスの妹ニッキーが加わったり、リンジー・ローハンが加わったり、メアリー・ケイト&アシュリー・オルセン姉妹が加わったりと、話題には事欠かない。

ブリトニーとパリスは、あるい日はお揃いの黒いTシャツ姿、ある日はブリトニーが緑、パリスが赤のワンピースでクリスマスカラーにコーディネートするなど、ファッションでもピッタリ息を合わせている。しかし、ブリトニー・ファンにとってはちょっと心配な一面も。パリスの影響なのか、ブリトニーは最近下着を履いていないらしく、ミニスカートの下から股間をのぞかせるキワドイ写真が、このところ頻繁にパパラッチされているのだ。

これに加えて、「元夫」の暴露発言もメディアを賑わせている。「元夫」といってもケヴィンではなく、'04年にラスヴェガスで電撃挙式したものの、55時間後に婚姻無効とされた幼なじみのジェイソン・アレクサンダーの方だ。ジェイソンによれば、ブリトニーは今年9月に次男ジェイデン・ジェームズ君を出産した際、腹部整形を受けたという。暴露本を準備中とも言われる彼は、次のようにコメントしている。

「彼女は億万長者で、元のスタイルを取り戻すために整形手術を受けたり、栄養士を雇ったりする金もある。目標がはっきりした今、彼女はそれを実行に移しているんだ。やる気満々だよ。あの男と手を切ったんだからね」

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報