初のベスト盤が好発進! 一青窈、フリー・ライヴで熱唱

ツイート
11月29日にリリースした初のベスト・アルバム『BESTYO』が、12月5日現在で早くも50万枚を突破する大ヒットとなっている一青窈。12月3日には、東京・よみうりらんど内オープンシアターEASTで<BESTYO Free CONCERTYO>と銘打ったフリー・ライヴを行なった。これは、今年でデビュー5年目を迎えた彼女からファンへの感謝のプレゼントとして行なわれたもので、デビュー後初のフリー・ライヴとなる。

会場となったよみうりランドは、2ndシングル「大家(ダージャー)」の歌詞を、彼女が幼少時代に両親と訪れたときのことを思い出しながら書いたという経緯から、一青サイドが同園にオファーしたところ、快諾。入園料を無料にして全面バックアップを受けることになった。1アーティストのために遊園地自体を開放するという、前代未聞の企画が実現した。

朝早くから並び入場した約1万人のファンを前に「たしか6歳のころ、お父さんにここに連れられて来た思い出があります。よみうりランドさん、入園料フリー、太っ腹ですね」と笑顔であいさつ。

思い出の曲「大家」をはじめ、「かざぐるま」「もらい泣き」「江戸ポルカ」「ハナミズキ」などのヒット・チューンから、新曲「てんとう虫」など全12曲を熱唱し、最後まで大勢のファンを楽しませた。アンコールではピアノ伴奏のみで、亡き両親への感謝を綴った「アリガ十々」を歌いきると、本人も感極まって涙を見せる場面も見られた。

なお、11月29にリリースされた初のベスト・アルバム『BESTYO』が、12月11日付けオリコン・総合週間アルバム・チャートで初登場2位にランクインしている。この記録は、シングル、アルバムを通して自己最高位。また、オフィシャル・サイトでは本作のリリースを記念して、本人からのメッセージ動画や、デビューシングル「もらい泣き」から「BESTYO」まで、歴代のTVスポット映像が楽しめる特設ページを公開している。

▼BARKS内 一青窈メッセージ映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000016709

■オフィシャル・サイト
http://columbia.jp/~hitoto/
この記事をツイート

この記事の関連情報