ウルトラポップな期待の新人、クノシンジが来年メジャー・デビュー!

ツイート
ヴォーカルのほか、ギター、ベース、キーボード、ピアノの演奏、さらに、プログラミングまでを1人でこなす、ポップ・ソング・メイカー、クノシンジ。ビートルズやクイーンなどの60年代、70年代ロックに憧れてギターを始めた彼は、18歳でデモ音源の自主制作を始め、20歳のときに行なった初ライヴ以降、ライヴハウスやストリート・ライヴなどを定期的に行ない、着実に実力をつけてきている期待のホープだ。

すでにインディーズで2枚のアルバムをリリースしているほか、自主企画でカフェライヴを行なうなど、積極的な活動を展開しながら、徐々に名前を広めてきている。今年の10月にリリースされた、映画『Sad Movie <サッド・ムービー>』の公式イメージ・アルバム『Sad Songs』にも、ギルバート・オサリバンの大ヒット曲「アローン・アゲイン」のカヴァーで参加している。

そんな彼が、来年の3月にメジャー・デビューすることが決定! ウルトラポップなサウンドと、少し高めの独特な歌声で、人々の心に新たな風を吹き込んでくれそうな期待の新人に、注目が集まりそうだ。12月15日には、下北沢モナレコードにてワンマンライヴを行なう。デビュー目前の彼のライヴを楽しみに、ぜひ足を運んでみて。

◆ライヴ情報
<『クリック!』~ダブルクリック編~>
日時:12月15日(金) OPEN 19:00 / START 19:30
会場:下北沢モナレコード
チケット料金:前売り¥1,800 / 当日¥2,000 (ドリンク代別)
チケット予約はモナレコードまで:http://www.mona-records.com/News/menu-frameset.html
この記事をツイート

この記事の関連情報