今年最もみんなが欲しがった着うた(R)は? レコ直♪が年間ランキング発表

ツイート
2006年もいよいよ残りわずか。年末になって各所から今年1年の年間ランキングが発表されていることだろう。

着うた(R)、着うたフル(R)などを配信している、レコード会社直営♪から、2006年の年間ダウンロードランキングが発表された。“レコ直♪”といえば、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの各キャリアの着うた(R)、着うたフル(R)といったカテゴリーリストでTOPに表示される配信サービス最大手。利用者も多いため、ここで最もダウンロードされた着うた(R)というのは、そのままズバリ、日本で最もダウンロードされた着うた(R)といっても過言ではない。

今回発表されたランキングは、着うた(R)、着うたフル(R)、着信ムービー、RBT(メロディーコール、待ちうた)、着信メロディの5カテゴリー。さらに“レコ直♪絶対!洋楽”や“レコ直♪TV・CM・シネマ”など、音楽ジャンルによって分かれている、着うた(R)サイトでもそれぞれ年間ランキングを発表している。それぞれのランキングを見比べるとわかるが、それぞれのサービスによってランクインしている楽曲が異なっている。特に着信ムービーにはこれが色濃く反映されているので面白い。

さて、そんなレコ直♪の年間ランキングを抜粋してお伝えしよう。着うた(R)部門で栄えあるTOPに輝いたのは、湘南乃風「純恋歌」。愛情をストレートに歌った同曲は、2006年3月のリリースからロングランヒットを続け、12月11日付けのオリコンシングルチャートでは、推定累積売り上げ枚数52.1万枚、ラヴソングの新定番となっている。なおBARKSでは、「純恋歌」の本質について彼らに迫った特集を、彼らのコメント動画とともに公開しているぞ。2位にはこちらもヒットを続けるレミオロメンの「粉雪」、EXILEの「ただ・・・逢いたくて」が続く。

着うたフル(R)では、コブクロの「桜」が1位。この曲は、彼らがふたりで一番初めに演った曲で、ファンの間でダントツの人気を誇る“幻の名曲”と言われている。まだ聴いた事がないという人は、BARKSにPVが用意されているので、こちらでチェックしてほしい。2位にはSEAMOの「マタアイマショウ」が入っている。

着信ムービーでは女性陣が上位独占。さらにTOP5のうち4曲が倖田來未。やはり“彼女のエロかっこいい姿が携帯でも見たい”という利用者の声が如実に出た結果だろう。PCでも見たいという声にお応えして、BARKSには強烈アップテンポ・ナンバー「Cherry Girl」と映画「大奥」の主題歌である最強バラード・ナンバー「運命」のスポット映像が! マイクロ・ミニにブラ・トップ姿のくぅちゃんは必見だ。

RBTでは絢香の「三日月」がTOP。RBTでの上位曲とは、いわば“いろんな人に聴かせたい曲”ということ。auの音楽配信サービス“LISMO”CMソングとして注目された切ないバラードは、自分だけでなく、周りの人にも勧めたいほどの名曲だということが証明された。絢香も出演した<Act Against AIDS>の特集&貴重なフォトアルバム、こちらも絶賛公開中だ。

詳しいランキングは以下の通り。(2005年12月1日~2006年11月30までの集計。レコード会社直営♪WEBサイトでは各カテゴリ100位までのランキングを見ることができる。) 

2006年 着うた(R)ダウンロード年間ランキング
順位楽曲名アーティスト名
1位純恋歌湘南乃風
2位粉雪レミオロメン
3位ただ・・・逢いたくてEXILE
4位恋のつぼみ倖田來未
5位Precious伊藤由奈


2006年 着うたフル(R)ダウンロード年間ランキング
順位楽曲名アーティスト名
1位コブクロ
2位マタアイマショウSEAMO
3位三日月絢香
4位タイヨウのうたKaoru Amane
5位恋のつぼみ倖田來未


2006年 着信ムービーダウンロード年間ランキング
順位楽曲名アーティスト名
1位you倖田來未
2位Butterfly倖田來未
3位タイヨウのうたKaoru Amane
4位Someday倖田來未
5位キューティーハニー倖田來未


2006年 RBT(メロディーコール、待ちうた)ダウンロード年間ランキング
順位楽曲名アーティスト名
1位三日月絢香
2位恋のつぼみ倖田來未
3位A Perfect SkyBONNIE PINK
4位バッド・デイダニエル・パウター
5位タイヨウのうたKaoru Amane


■レコード会社直営♪サウンドへのアクセスは、以下のQRコードからもOK!
この記事をツイート

この記事の関連情報