故ダイアナ妃の命日にスペシャル・コンサートを開催

ツイート
ウィリアム&ハリー皇太子が、故ダイアナ妃の没後10周年を記念しスペシャル・コンサートを開くと発表した。ダイアナ妃が交通事故で亡くなり、早くも来年で10年が経とうとしている。

現在のところ、エルトン・ジョン、デュラン・デュラン、ジョス・ストーン、ファレル・ウィリアムス、ブライアン・フェリー、そしてイングリッシュ・ナショナル・バレー、アンドリュー・ロイド・ウェーバーのパフォーマンスが決定している。この後、さらなる出演アーティストが発表される見通し。コンサートは7月1日に新ウェンブリー・スタジアムで開かれる。

ウィリアム皇太子は「僕たち2人とも、自分たちの印をつけたいって思ったんだ。母ならやるであろうことを、きちんと代弁したかった。それでは、教会の礼拝だけでは十分じゃない。エネルギーや楽しみ、幸せがいっぱいのビッグ・コンサートを開きたいって思ったんだ。母がそれを望んでいるのは間違いない」コンサートの収益金は、故ダイアナ妃が生前サポートしていた慈善団体や皇太子が運営するチャリティCentrepointとSentabaleへ寄付される。

ミューズの公演よりひと足早く開催される同イベントは、5月にオープンする新ウェンブリー・アリーナで行なわれる初のコンサートとなる予定。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報