U2のボノ、ナイトの称号を授与

twitterツイート
U2のボノが来年初め、英女王からナイト(勲爵士)の称号を与えられることになった。これまでの音楽キャリアに加え、アフリカにおけるヒューマニズム活動が認められた。

オフィシャル・サイトu2.comは、ボノはこのニュースを「とても喜んでおり、アフリカの貧困を止めようと彼が支援する活動の門戸を開くチャンスになるのではないかと期待している」と記している。またBBCによると、トニー・ブレア英首相がボノへ手紙を書き、お祝いの言葉を述べたという。

ただし、ボノはアイルランド国籍のため、ナイトを授与された英国民のように“サー”の称号を使うことはできない。今回、外国人ではボノのほか、Microsoftの創立者ビル・ゲイツやオペラ・シンガーのプラシド・ドミンゴ、スティーブン・スピルバーグ映画監督らがナイト爵を授けられるという。

ボノはすでに'03年、フランスのシラク首相からレジオンドヌール勲位を与えられている。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス