海外セレブが選ぶ'06年の話題作

twitterツイート
Poeple.comがテレビ、映画、音楽、本のそれぞれのカテゴリーで、'06年に話題になった作品をセレブのコメント付きで選出している。

音楽のカテゴリーでは、クリス・コーネルがボブ・ディランの『Modern Times』を絶賛。“普段の彼(ディラン)にはない軽快さが感じられる……幸福感がある”といった内容を語った。また、米超人気オーディション番組『American Idol』の'06年の準優勝者キャサリン・マカフィーが、クリスティーナ・アギレラの大ヒット・アルバム『Back To Basics』を選び、“クールなオールドスクールに飛び切りのヴォーカル”といった内容をコメントした。

ほかに、アシュリー・シンプソンがテレビドラマ『Desperate Housewives』(デスパレートな妻たち)を“女の子なら誰もが好きになる”と取りあげた。映画では、ジョシュ・グローバンが『The Prestige』を、クレイ・エイケンが『The Queen』を、それぞれ'06年の最高傑作として選んでいる。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報