全米チャート:年間順位が決定!

ツイート
全米の有力音楽メディア、ビルボードが'06年の年間チャートを発表した。チャートは今年の順位を総括したもの。アルバムは総合50位まで、シングルは20位までが発表されている。見事に'06年の全米を制したのは、超人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の覇者、キャリー・アンダーウッドのアルバム『SOME HEARTS』だった。2位はディズニーのサントラ『HIGH SCHOOL MUSICAL』となっている。また、ツアーと共にアルバムも北米で支持を得たニッケルバックの『ALL THE RIGHT REASONS』が3位にランクインした。

上位は他に、日本デビューを飾ったラスカル・フラッツの『ME AND MY GANG』(4位)、グラミーの期待がかかるメアリー・J.ブライジの『THE BREAKTHROUGH』(5位)、エミネムのベスト盤『CURTAIN CALL: THE HITS』(6位)、「You're Beautiful」が世界で大ヒットしたジェイムス・ブラントの『BACK TO BEDLAM』(7位)、人気カントリー・アーティストのケニー・チェズニーの『THE ROAD AND THE RADIO』(8位)、故ジョニー・キャッシュのキャリアを網羅した『THE LEGEND OF JOHNNY CASH』(9位)、そしてケリー・クラークソンの『BREAKAWAY』(10位)といった作品があげられている。特にエミネムやジェイムス・ブラントらは、先日発表されたオリコンの洋楽年間チャートでも上位を獲得し、'06年の世界的なヒットとなった。

また、20位圏内には、世界ツアーを敢行したマライア・キャリーの復帰作『THE EMANCIPATION OF MIMI』(11位)をはじめ、新人チャートでトップを獲得したクリス・ブラウンのセルフタイトル・アルバム『CHRIS BROWN』(17位)やジャスティン・ティンバーレイクのヒット『FUTURE SEX/LOVE SOUNDS』といった作品が入っている。

他に、マドンナの『CONFESSIONS ON A DANCE FLOOR』が22位に、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『STADIUM ARCADIUM』が24位に、Ne-Yoの『IN MY OWN WORDS』が27位に、それぞれランクインした。

30位から50位までの主な作品は、トゥールの『10,000 DAYS』(31位)、パニック・アット・ザ・ディスコの『A FEVER YOU CAN'T SWEAT OUT』(32位)、ビヨンセの『B'DAY』(38位)、KoRnの『SEE YOU ON THE OTHER SIDE』(42位)、ナールズ・バークレイの『ST. ELSEWHERE』(48位)、リアーナの『A GIRL LIKE ME』(49位)となっている。


なお、シングル・チャートではダニエル・パウターの「BAD DAY」が1位を獲得した。アルバム・チャートと共に米オーディション番組『アメリカン・アイドル』の影響が大きく、「BAD DAY」は同番組の敗者へのアンセムとして絶大な支持を得た。

上位には他に、ショーン・ポールの「TEMPERATURE」、ネリー・ファータドの「PROMISCUOUS」、ジェイムス・ブラントの「YOU'RE BEAUTIFUL」といった楽曲が、それぞれ2位、3位、4位を獲得している。5位以下の主なシングルはナールズ・バークレイの「CRAZY」(7位)、ジャスティン・ティンバーレイクの「SEXY BACK」(9位)となっている。

他に20位圏内には、11位にメアリー・J.ブライジの「BE WITHOUT YOU」、13位にザ・フレイの「OVER MY HEAD」、16位にクリス・ブラウンの「RUN IT!」、19位にリアーナの「SOS」といった作品が入った。

関連ニュースでは、ビルボードが発表したトップ新人チャートでクリス・ブラウンが1位を獲得している。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報