速報!絢香×コブクロの夢のコラボレートが決定

ツイート
2006年に驚異的セールスを記録したあの2アーティストによる夢のコラボレートが発表された! そのアーティストとは、昨年1stアルバム『First Message』(■「三日月」のPV視聴などはこちら!)が100万枚を突破した絢香と、ベスト・アルバムが200万枚を突破したコブクロだ。そして今回コラボレート楽曲として発表されたのが、両者の共作によって生まれた新曲「WINDING ROAD」。2月28日にリリースされ、1月17日から日産の大人気車種『キューブ』のCMソングとして、全国にて放送される。

このコラボレートは、レーベル・メイトでもある彼らがフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』にて、それぞれのヒット曲をコラボレーションし、その収録の際に意気投合したのがキッカケだ。そして絢香がコブクロに、昨年の8月21日に行なわれたワーナー・ミュージック・ジャパンのコンベンションで一緒に歌いたいとオファー。そのオファーに対し、コブクロは“どうせやるなら曲を作ろう”と快諾し、後日完成した楽曲がコンベンションにて披露された。それが「WINDING ROAD」だ。

今回の楽曲に対して絢香は、“この「WINDING ROAD」は、3人の出会いから、そして音楽に対する愛情から生まれた曲です。これから進むであろう道、お互い別々だけど光の差す方へ、夢や憧れを大切に進みたい。そんな思いが込められています。”とコメント。

さらにコブクロは、“歌詞のテーマはそれまでにメールのやり取りを繰り返し、自分たち自身の中にある「思い」や「今まで巡って来た道」、これからへの未来への期待など、さまざまな思いを書き、そして伝え合いました。僕らも歌っていてとっても力をもらえる曲です。”と話している。

またこのCMソング発売にあたり、日産自動車とワーナーミュージック・ジャパンは、新ミュージック・レーベル『CUBE LOVES MUSIC』を発足し、この「WIDING ROAD」は第一弾のリリースとなる。車種ブランドを活用したミュージック・レーベルは業界初で、“キューブ”の魅力を“音楽”という形で表現し、車の中だけに留まらず、ライフスタイルまでも彩りたいということがコンセプトとされている。
この記事をツイート

この記事の関連情報