倉木麻衣、PV撮影時に想定外のハプニング!?

twitterツイート
12月20日にリリースしたシングル「白い雪」が好評な倉木麻衣。彼女にとってシングル初のウィンター・バラードとなったこの楽曲。PV撮影時には、予想外のハプニングで思わず笑いが起こったという。

しんしんと降る雪の中で佇む倉木の姿が印象的な「白い雪」のPV。テーマは、“冬の街、慌ただしい街の喧噪と対するところにある孤独”を抱えながら“やがて雪がすべてを包み込んで行く…”というもの。楽曲の世界感を映像で表現するにあたり、“冬のリアルな世界とファンタジーな世界が融合したPVにしたい”という想いを形にした。

実際の撮影現場では、ストーブを焚いてスタッフも倉木も寒さに耐え、1シーン1シーン確認しながら撮影は深夜にまで及んだという。そして倉木本人も「出来上がりが楽しみ!」と充実した撮影になったそうだが、あるシーンでハプニングが。バス停に向かって歩いていくシーンの撮影中、実際にバスが到着しドアがオープン! スタッフ一同、思わず笑いが起こり、和やかな雰囲気で撮影が行なわれたそうだ。

倉木麻衣は、昨年末に行なった初のカウントダウン・ライヴで、2月14日にシングル「Season of love」をリリースすることを発表した。

♪「白い雪」PV視聴
https://www.barks.jp/watch/?id=1000017085

■オフィシャル・サイト http://www.mai-kuraki.com/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報